モスクワの街角から

moslife.exblog.jp ブログトップ

キリアンの新作 (ダンチェンコ音楽劇場)

f0209878_21205099.jpg


チェコ出身でコンテンポラリーの振付家として有名なイルジー・キリアンの新作がダンチェンコ音楽劇場にて7月に発表されます。
イルジー・キリアンと言えば、実は日本と縁が深いみたいなのです。
なんでも2000年より行われている彩の国さいたま芸術劇場の「彩の国キリアン・プロジェクト」の芸術監督に就任してるそうで。
ま、「キリアン・プロジェクト」なら、彼が芸術監督なのは当然な気がしますが。
しかし、埼玉とそんなに縁が深いとは・・・。しらなんだ。→ 無知(恥) 

今回の新作はモーツアルトの音楽を使った「Шесть танцев (Six dances)」と「Маленькая смерть (小さな死)」の2作品。 
「小さな死」は1991年に既に発表されてるので、それと同じなのかな?
ダンチェンコの為に振付し直したのかもしれませんね。

正直、キリアンの作品をちゃんと観たことはないので、すごく興味あるのですが、今回はちょっと他に予定もあり観に行けないので残念です。

公演のプログラムは下記の通りです。全て一幕の現代もの。

キリアンの新作「Шесть танцев (Six dances)」と「Маленькая смерть (Small Death)」
オペラ「ファウスト」からのバレエ「ワルブルギスの夜」
ナッチョ・ドゥアトの「Na Floresta (into the forest)」

コンテポラリー好きにはたまらない公演ですよね。
クラシックだけでなくたまにはコンテポラリーにどっぷりつかるのもいいかもしれませんよ。
興味ある方は是非観に行って下さいね。

公演日は7月11・12・16日
ダンチェンコ音楽劇場です。

チケットはダンチェンコ音楽劇場のチケット窓口又は街中のチケットブースで購入可能です。
[PR]
by asha_moskva | 2010-06-29 21:51 | イベント | Comments(0)
line

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30