モスクワの街角から

moslife.exblog.jp ブログトップ

12月25日のモスクワ

25日のモスクワは大変なことになってました。
マイナス気温でみぞれ交じりの雨という珍しいお天気。
マイナス気温で雨が降るとどうなるかというと、雨が地面についた瞬間に凍ってしまうわけで、
どこもかしこもつるつる。 

カメルゲルスキー通りのカフェなんてこんなです。

f0209878_1721682.jpg


テーブルから下がるつららが見えますか?
こんなつららがバス停や建物の屋根からも下がっていて、非常に危険な状態です。
カフェの前に置かれているクリスマスツリーも可哀そうにこんなになってしまいました。

f0209878_1745396.jpg


車道は常に車が通るので大丈夫ですが、歩道はどこもかしこもつるつるで、スケート靴をはいた方がいいのでは?と思うくらい。 あまりにつるつるで転んでる人もたくさん見ました。

f0209878_1765592.jpg

f0209878_1773784.jpg


つるつる具合が見えますか?
あーしゃもなんとか転ばず、それでもよろよろしながら家に帰ったのですが、大変だったのは翌朝。
早朝に出かける用事があって、家を出たら、もう歩ける状態ではありません。
ちょっとスロープになっているところは、登れず、しょうがないので車道をあるいて地下鉄の駅に行きました。 この時期、常に雪が降るので、モスクワ市が雇っている雪カキ隊(主に中央アジアからの出稼ぎの人達)が大活躍なのですが、この日は特に大変だったと思います。 スコップで氷をたたき割っては、道路の端っこに積み上げていました。 

そうそう、25日といえば、今話題のこの人のコンサートがチャイコフスキーホールでありまして。

f0209878_17134357.jpg
 

ボリショイのプリマバレリーナ、スベトラーナ・ザハロワと不倫の末に、彼女が妊娠、妻と離婚してザハロワと最近入籍した、バイオリニストのワジム・レーピンです。
共演したのは超有名ピアニスト・ルガンスキー。 有名人同士の共演じゃ、結構お客はいったんだろうなぁ。 てか、お客さん、ホールにたどり着けたのだろうか?

しかし、私の中のレーピンのイメージはぽっちゃり・メガネなのですが、今回のこのポスターはなんかイメージが違う。 コンセプトはイケメン? 
まあ、共演相手のルガンスキーはかっこいいと評判のピアニストなので、それに合わせる為にちょっとイメージを変えたのかもしれませんが。あ、ザハロワのアドバイスかもしれませんね。

ま、そんなこんなで、モスクワのクリスマスは大変な一日でしたわ。
[PR]
by asha_moskva | 2010-12-27 17:23 | こんなロシア | Comments(2)
Commented by okamo-ko at 2010-12-27 22:39
ものすごいインパクトのつらら椅子に吹き出してしまいました。
ツリーもうなだれちゃって可哀想に(笑)モスクワの冬は凄いですねえ!

あ、レーピンがパンパンだったのは若い頃です〜(涙)
最近ではすっかりM字の切れ目も深々と、渋い感じに・・・(ダンディズム)
太っていないので、とにかくでっかいことはでっかいのですけど(たぶんメルニコフよりもでっかいと思います)、あちらと違って圧迫感がなく、ひたすらでかい、という印象です。えーと、その・・・なんか、いきなりロシア回帰しましたけれども、これからまた新しいイメージで行くのかな・・・どうなるのかな・・・。
Commented by asha_moskva at 2010-12-27 23:10
やっぱ新妻の活動拠点がロシアだから? これからどんな風にイメージが変わるのか楽しみです。
てか、テレビや雑誌に夫婦で露出が多くなりそう。
line

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30