モスクワの街角から

moslife.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:その他( 129 )

レトロ

もうモスクワから消滅したと思っていた、ソ連製のラジオとテレビが友人の家でひっそり生息していて、びっくり。 

f0209878_473428.jpg

f0209878_48236.jpg


どうです、年代ものでしょう。 いつの時代の物だよって感じです。
ソ連製でも、ソ連の終わりの方ではなく、明らかにかなり昔ですよね。
更にびっくりなのは、ラジオもテレビもまだまともに動くこと。

f0209878_4111546.jpg
               おお、しかも、カラーではないか

この丸っこいレトロなテレビなんか可愛いくて妙に気に入ってしまいました。(笑)


<おまけ>

f0209878_418165.jpg


年末の赤の広場の夜景。 毎年恒例になったスケート場が出来ました。
クリスマスツリーとグムのイルミネーションが綺麗。
おとぎの国みたいですよね。
[PR]
by asha_moskva | 2010-12-29 04:21 | その他 | Comments(0)

暖房入りました!

9月末から急激に冷え込んできたモスクワ。
家の中が寒いなぁと思っていたのですがやっと暖房が入りました。

セントラルヒーティングシステムなので、10度以下の日が続くと地区ごとに一斉に各家に暖房が入ります。
自分でスイッチを入れたり切ったり出来ないのが難点ですが、このシステムのおかげで、家の中はどこでもぽかぽか。 
外はマイナスでも家の中では半そででも大丈夫なくらいですよ。

私ごとですが、実は先週の火曜日にお誕生日を迎えました。
大好きな人達にお祝いしてもらって、素敵なお誕生日の夜を過ごすことができました。

毎年お誕生日に思うことですが、今年も健康で歳を重ねることができて幸せだなと。
また、自分は素敵な人達に囲まれて本当に幸せだなと。
出会いは本当に不思議ですよね。同じ時間・空間に居合わせるというすごい偶然を
考えると、どんなささいな出会いもすごい縁だなと思うわけです。
今まで出会った全ての人達に支えられて今の私があります。
これからも、一つ一つの出会いを大切に、その日その日を大事に過ごして、元気に歳を重ねていきたいと思います。

f0209878_21383594.jpg


こんな綺麗なお花を頂きました。
左のミニバラはお友達から、右の白いお花はお誕生日の夜に大好きな人から。
お花があると家の中が華やかになりますよね。


 
[PR]
by asha_moskva | 2010-10-04 21:42 | その他 | Comments(8)

не мой день

ここのところお天気が安定しないモスクワです。
先週はものすごい雷雨で嵐のような日がありました。
雷雨はスコールのようなものなので長くは続かないのですが、いやぁすごかった。
天気のせいか何かわかりませんが、その日は不運続きでした。
部屋の電球が割れて飛び散るは、天気が回復したので、出かけようと家のエレベータに乗ったら
閉じ込められるわ。 
普段起こらないことが続いたので、どこかで誰かに呪いでもかけられたのでは?
「私何かしたっけ?」と開かないエレベーターのドアの前でちょっと考えてしまったくらいです。
だって、人生初ですよ、エレベーターに閉じ込められたの。 
一人だったし、実はかなり不安になりました。
エレベーターの中はむしむしなので汗だくになりながら、修理の人が来るまでロシア人の
知り合いに電話して時間をつぶしてたのですが、さすがロシア人、驚きも心配もせず
「あんた、なんか読む物持ってる?」と。
「ない」と答えたら「あら、残念ね」ですと。
ま、こんな状況誰もが一度は経験してるのかもしれませんね。 

幸い20分くらいで修理の人が来て無事にエレベーターから出れたのですが、しばらくトラウマになりそうです。

ちなみに、止んでたはずの雨ですが、そんな所で足止め食ってるうちに天気はまた悪化し、地下鉄の
駅に行く途中で降られました。 

こんな時ロシア人はよく「не мой день (not my day)」と言います。
この日は確かに私の日ではありませんでした、でも、ま、そんな日もあるよね。
[PR]
by asha_moskva | 2010-06-18 20:35 | その他 | Comments(0)

モスクワ音楽学院大ホール (番外編)

非常にさみしい思いをした昨日でしたが、実はこんなこともありました。

金銭的余裕がなかったので、この日に持っていたチケットは3階席の中央だったのですが、
2階に上がったら、なんと3階への階段が封鎖されてました。

プログラム売りのおばちゃんに聞いたところ「今日は3階席閉まってるから」と。
えええっ、何ですかそれ?
と驚くあーしゃにおばちゃんしらっと「2階席でも1階席でもどこでも空いてる席にすわればいいのよ」。
閉まってる理由を聞いたところ、なんでも今日は客が少ないからとか。
普通そんなんで席閉めるか? ありえねぇ、さすがロシアだと思いつつも気を取り直し、席探しに向かいました。

500ルーブル(1500円くらい)のチケットで1階席に行くのはあまりにもずーずーしいと思ったので、2階席の入口に行き「3階席閉まってると言われたんですけど・・・」とおずおずとチケットを差し出したところ、そこのおばちゃんは驚きもせず、あんた邪魔にならないように端っこで待ってなさいと。
そうこうしているうちに同じような境遇の人達が続々と現れ、中には「俺は自分の席に座りたいんだ~、3階席を開けろ!」と叫ぶ人まで。

終ベルが鳴った後、やっと我々は中に入れて貰えたわけですが、2階席のチケットを持ってない我々は空いてる席に座っても、その席の人が来ちゃうと当然追い出され、更には「何なのこの人達ずーずーしいわね」的な目で見られるわけで、ちゃんとチケット買ってるのにこの扱いってどうよ?

たまたまあーしゃが座った席には誰も来なかったので追い出されるこはなかったのですが、コンサートが始まるまで誰か来たらどうしようとビクビク。⇒ 小心者の日本人

チケット持ってるのに自分の席に座れないなんて、理不尽だわと思いながら、ふと上の席を見ると、行き来ができないことになっている2階席と3階席の境目をよじ登りちゃっかり自分の席に座ってる人達がちらほら。大概の事では驚かないあーしゃもさすがに目が点になりました。 
やつら、ただものじゃないです。

何でもありな国に、来るなら来いと何があってもめげない国民。ロシア、あなどれませんわ。

大ホールとのお別れの日に、こんな目に会ったけど、忘れられない思い出が最後に出来たので、ま、いいかな。
[PR]
by asha_moskva | 2010-05-19 04:03 | その他 | Comments(0)

モスクワ音楽学院大ホール

ロシアだけでなく、世界的にも有名で、ルービンシュタインホールとして知られるモスクワ音楽院の大ホールが
5月22日のコンサートを最後に改築の為にその歴史を閉じます。

このホールがオープンしたのは1901年4月。 
100年以上も毎晩のようにコンサートが行われ、ロシアの有名音楽家のほぼ全員が、また世界中の
有名な音楽家の多くが一度はこの舞台に立ったと言われるこのホール。
その歴史が閉じられると思うと本当に悲しいです。

正面、舞台の上にあるのはルービンシュタインのレリーフです。

f0209878_21181910.jpg


舞台からみた客席。 ホール上部の両壁には有名作曲家の肖像画が飾られています。

f0209878_21213517.jpg


改築後は、最新鋭のコンサートホールに生まれ変わり、新たな歴史を築いていくことでしょう。
まだ再オープンの時期は発表されてません。 ボリショイ劇場同様、長い間閉まるのでしょうね。

昨晩、大ホールでのコンサートに行った時にこのニュースを知り、この古くて歴史がしみ込んでいる
大好きなホールにお別れしてきました。
ホールで働いているおばちゃんの「舞踏会は終わってしまうのよ」とのさみしげな言葉が忘れられません。

修復前の大ホールに入りたい方はお急ぎ下さい。
5月22日のコンサートが最後です。
[PR]
by asha_moskva | 2010-05-18 21:33 | その他 | Comments(4)

もうすぐ断湯

一年中蛇口をひねればお湯が出るモスクワですが、5月から8月末にかけ地区ごと配管のチェックや修理を行う為に2週間お湯が止まります。
以前は3週間でしたが、一昨年前から2週間になり、来年には1週間で済む(ほんとか?)との話です。

夏の間と言っても、北国ロシア、5月はまだまだ肌寒いし、真夏も涼しい日もよくあるわけで、お湯が止まるのは結構大変です。 
断湯に備え、家庭用のボイラーをお風呂場に備えている人もいますが、あーしゃの今のアパートはお風呂場の構造上ボイラーを置くのは無理。 
あ~、今年はその時期にロシアから逃げ出すか、お湯をたくさん沸かして湯浴びをするしかないなあ。 
ちょっと憂鬱です。

ロシア人のこの時期の過ごし方は皆それぞれで、お友達の家でシャワーを借りる人もいれば、スポーツクラブのサウナで済ます人もいます。 
が、やはり風呂に入る回数は減るわけで、ただでさえ、春になり薄着になると感じることの多いロシア人の体臭。断湯によりますます強くなり、たまに地下鉄であまりのにほいに軽くめまいを起こすことも(笑)
まあ、これも夏の風物詩ということで、「あ、始まったのね断湯が」と思うことにしてますが。

下記のサイトで住所からいつ自分の家が断湯になるかわかりますよ。
http://www.aif.ru/realty/article/34247 
(ロシア語のみ)

地区によっては5月にはじまります。
このメンテナンスがあればこそ、真冬も家の中はいつでも暖かく(ロシアの暖房はお湯を使った集中暖房です)、蛇口をひねればいつでもお湯がでる便利な生活があるわけで、それに感謝をしつつ、試練の2週間を楽しく過ごしたいと思います。
[PR]
by asha_moskva | 2010-04-26 19:35 | その他 | Comments(0)

ご無沙汰しております

所用でしばらくモスクワを留守にしてました。
アイスランドの火山の噴火の影響がどうかなと不安でしたが、無事に戻ってくることができました。

今日のモスクワは晴天。 お散歩に行きたくなるようないいお天気です。
また、面白いものや美味しいものを見つけて更新しますので、これからもよろしくお願いします。

f0209878_1421588.jpg

[PR]
by asha_moskva | 2010-04-19 14:03 | その他 | Comments(2)

スケート好きなロシア人

フィギュアスケートの世界選手権がイタリアのトリノで始まりましたね。
今回は男子シングルのプルシェンコとアイスダンスのドムニナ・シャバーリング組が欠場。
他にもランビエールは引退、オリンピックチャンピオンのライサチェックは欠場。 う~ん、ちょっとつまらないかも。

アイスホッケー、フィギュアスケートの国際大会では常に上位を占めるロシアですが、一般の人達もスケートが大好きです。
ロシアに来て驚いたことの一つにスケート場の多さがあります。
冬は天然の屋外リンクがたくさんできますし、一年中やってる屋内のリンクもたくさんあります。
びっくりしたのは大きなショッピングセンターの中にスケート場があること。
貸靴も勿論ありますが、ロシア人の殆どがマイシューズなんですよ。 これもびっくりです。
ただ滑って遊ぶための靴なら1500ルーブル(約4500円)くらいから買うことができます。
冬が始まると大きなスーパーやスポーツ用品店にどーんとスケート靴が並んでいます。

数ある屋内スケート場の中でも広くて氷がよくて滑り心地がいいショッピングセンター「ヨーロペイスキー」に入っているスケート場を今日はご紹介します。

f0209878_2258480.jpg


入口すぐのチケット売り場でお金を払うとこんなカードが貰えます。
f0209878_232544.jpg


次回からはこのカードを出して1時間とか2時間とか希望の時間を言うとこのカードにお金が入ります。 もし時間より早く出てしまってカードにお金が残ってる場合は次回使えます。
このカードは入口を入る時とリンクに入る時に必要なので中ではつねに携帯してくださいね。

リンクは広々。 特にこの日は人も少なくとても滑りやすかったです。
f0209878_23124360.jpg

f0209878_23132572.jpg


リンクの横には子供用の小さなリンクもあります。 内にはカフェもあるので終わった後お茶をすることもできますよ。 

着替えの出来るきれいなロッカールームもあります。
f0209878_23202844.jpg


寒かったモスクワもやっと春の気配がして外の天然リンクはそろそろお終いです。
でもこんな広々とした屋内リンクでスケートを楽しんで下さいね。

***情報***

ショッピングセンター「ヨーロペイスキー」7F
Metro Kievskaya

営業時間:10:00-夜中01:30 (金・土は23:30-朝6:00までナイトスケート)
滑走代 :1滑走(1時間) 240ルーブル(土日 300ルーブル)
      子供 7才まで 180ルーブル (子供用のリンクを使用する場合のみ)
貸靴  :180ルーブル (1滑走)
     初心者用のプロテクターもあります
[PR]
by asha_moskva | 2010-03-23 23:34 | その他 | Comments(0)

バンクーバーオリンピック

バンクーバー冬季オリンピックが開幕しましたね。
北国ロシア、冬のオリンピックはたくさんのメダルが期待されています。
その筆頭となるのが、3シーズンのブランクの後に復帰したこの男プルシェンコです。
f0209878_7214074.jpg

                 じゃーん 今回も金メダルをねらうぜ イエィ

この人、テレビやコマーシャルの露出がすごくて、お金の為なら何でもやるイメージが強いので
個人的にはあまり好きじゃないのですが、ブランクを感じさせない滑りはさすがです。

オリンピックの話題といえば、もう一つ。
今回のマスコットの青いチェブラーシカ。
f0209878_7285875.jpg


トリノオリンピックでは白、北京オリンピックでは赤のチェブラーシカがマスコットになりました。

f0209878_16335343.jpg

               3つ一緒だとロシアの国旗みたい

今日本でも大人気のチェブラーシカですが、
ソ連時代の絵本作家エドゥアルド・ウスペンスキーの絵本のキャラクターであることをご存じですか?
今でもロシアの子供たちに大人気で街中ではよくこんなチェブラーシカのぬいぐるみが売られています。
f0209878_7411260.jpg

              手に持ってるのはミカンだよ

消防士や海賊等の様々な格好をした変わりチェブもたくさん売られていますが。
この裸でミカンを持ったチェブがオリジナルなんですよ。

オリンピックのマスコットの色チェブはBOSCO Sports (http://boscosport.ru/index.html#/en/main) で、変わりチェブと茶色いオリジナルのチェブは街中の売店及び子供用品を扱っているデパート等で売っています。

次の冬季オリンピックはロシアのソチで行われますが、何色のチェブがマスコットになるのか今から楽しみです。 
[PR]
by asha_moskva | 2010-02-16 07:57 | その他 | Comments(4)
line

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31