「ほっ」と。キャンペーン

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。
by asha_moskva
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
asjnka@gmail.com
ご質問等お気軽にどうぞ。
ガイドや通訳のアレンジ、
コーディネートについても
お気軽にお問い合わせ下さい。

海外生活ブログ ロシア情報
ランキングに参加中!

こちらでも記事を書いてます。
Privet!ロシア
 
カテゴリ
全体
はじめまして
美味しいもの
カフェ・レストラン
街角から
劇場
美術館・博物館
郊外
ナイトライフ
イベント
他の街の街角から
サッカー
お役立ち情報!
その他
こんなロシア
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
お気に入りブログ
本日のムッシュー
一緒にお出かけ
かぼすちゃんとおさんぽ。
Mavita
最新のコメント
> 小桜さん はじめま..
by asha_moskva at 16:50
はじめまして! ムルマ..
by 小桜 at 22:10
> 団十郎さん ボリシ..
by asha_moskva at 03:19
素敵です。ずっとモスクワ..
by 団十郎 at 22:32
> Philippeさん..
by asha_moskva at 22:32
あーしゃさん、こんにちは..
by Philippe at 21:16
> Philippeさん..
by asha_moskva at 16:45
あーしゃさん、メルクリー..
by Philippe at 19:07
> N. Iizukaさ..
by asha_moskva at 05:54
吉田さんのROHでのOn..
by N. Iizuka at 05:26
最新の記事
アンドレイ・メルクリエフ「П..
at 2017-02-14 17:59
マーシャ・アレクサンドロワ ..
at 2017-02-03 22:59
蜂蜜市@ガスチンヌイ・ドゥボ..
at 2017-01-15 23:51
更新情報&本日のヨールカ⑤
at 2017-01-08 23:03
メリークリスマス!&本日のヨ..
at 2017-01-07 23:29
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
海外生活
ライター

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

3月末ですが・・・

今、ペテルブルグにいます。
明後日から4月だというのに、雪降ってるんですけど。

f0209878_13281112.jpg


春はまだまだ遠い気がするなぁ。
[PR]
by asha_moskva | 2011-03-30 13:29 | こんなロシア | Comments(0)

ボリショイバレエ 「パリの炎」 昼公演

f0209878_6115058.jpg


ボリショイの「パリの炎」です。
ゲホゲホと咳をしながらも、せめてこれだけは観たいと行ってきました。
ラトマンスキー振付のフランス革命のお話。
非常に暗いエンディングなので、観た後はいつもどーんと落ち込みます。
2幕のパ・ドゥ・ドゥはガラなどで踊られることが多く有名ですよね。

本日の主なキャスト

ジャンナ      マリア・アレクサンドロワ
ジェローム     アンドレイ・メルクリエフ
フィリップ     ヴラチスラフ・ラントラートフ
エロ侯爵      ユーリ・クレフツォフ
その娘アデリーナ  アンナ・レペツカヤ
女優        アンジェリーナ・ヴォロンツォーワ(デビュー)
男優        デニス・ロヂキン (デビュー)

ジャンナやジェロームと比べると、フィリップのラントラートフが弱い・・・。
技術的に弱いのと、リズム感と躍動感がほとばしるエネルギーが足りないというか。
ジェローム役のメルクリエフと並んで激しく踊るシーンがあるのですが、迫力が違いすぎて可哀そうなくらいです。
それでもデビューの時よりは大分よくなったとは思うのですが。

本日の目玉はこちら。
エロ侯爵(ちゃんと名前があるが、いやらしさ全開の役なので勝手に命名)のユーリ・クレフツォフ。
f0209878_6292344.jpg


昨晩の舞台でネポロージニがケガで降板した為、プリンシパルで国民芸術家のクレフツォフが久々の
登板となりました。 なんでも、たった2時間で準備したとか。 
ネポの足のケガは結構ひどいようで、手術が必要らしいです。 
もうアラフォーだし、このケガは痛いでしょうね。 

ほんと舞台の上では何が起こるかわかりませんね。
何が起こるか分からないといえば、今日デビューのこの2人。
f0209878_6375359.jpg


1幕は2人ともボロボロ。 ヴォロンツォーワはトウで立ちきれない場面が数回あり。
男は、ああ、もう何も言うまい。 それくらい酷かったです。
2人の先生はニコライ・ティスカリーゼなのですが、私の友人の近くで座ってみてたらしく、友人いわく頭を抱えてたそうです。
でも2幕はもっと悲惨。 なんとリフトでヴォロンツォーワ落とされました。
落ちただけでなく、彼女は転んでしまい、立ちあがってすぐに踊り出したのですが、足がふらついて
動揺を隠せない様子。 すぐに立ち直って最後までしっかり踊りきりましたが。

そんな感じで、今日の舞台は波乱万丈でした。
[PR]
by asha_moskva | 2011-03-27 17:09 | 劇場 | Comments(2)

超多忙な3月

本当に忙しい3月です。

あまりに忙しくて、チケットを持っていたのに、ゴールデンマスクでモスクワに来ていた、
マリンカの「スパルタク」と「アンナ・カレーニナ」もミハイロフスキーの「白鳥の湖」も見逃してしまいました。 後、一番観たかった30日のマトビエンコ夫妻とサラファーノフ夫妻の4人で踊る「クワトロ」にも行けない・・・。(涙) しかし、ここまでことごとく外れると、「ボリショイ以外を観るなよ」と言われてる気が・・・。 呪いですかね。

サマラ・ペテルブルグと国内を駆け回り、昨日の朝、ペテルから戻ったのですが、
28日の夜行でまたペテルに戻ります。
更に、31日にモスクワで乗り継いで日本に一時帰国するハードスケジュールなのです。
忙しい上に風邪を引いてしまい、のどはひりひり、鼻はずるずる、咳はゴホゴホ。 
でも、熱が出なかったのでラッキーでした。 

そんなこんなで、心も体も弱っていたのですが、今日、こんな素敵なプレゼントを頂きました。
f0209878_2583515.jpg


サバ缶もあったのですが、もう食べてしまいました。 感動ものの美味しさでした。
どうもありがとうございました!

一緒に、とても心温まるお手紙も頂きました。
母の愛はすごいなと。 こんなお母さんを持つ子供は幸せです。

今日もまだ雪でマイナス気温のモスクワですが、私の心はホカホカになりました。
[PR]
by asha_moskva | 2011-03-27 03:08 | その他 | Comments(0)

地震の事

11日のモスクワ時間の朝、母からの「地震すごく揺れたよ」とのメールで日本で大きな地震があったことを知りました。
すぐにネットをチェックして、その規模の大きさにびっくりし、ロシアの朝のニュースで大きく取り上げられているのをみて、これはただことではないと思いました。

夕方のロシアのニュースで、津波の映像をみました。 涙が出ました。

ブログを書きたかったけど、書けなかった。
地震が起きた時に、津波が襲いかかった時に海外にいた自分がどんな言葉をつづっても、所詮偽善的な軽いものでしかないと思ったから。

でも、今日このサイトを知りました。
http://prayforjapan.jp/i/tweet.html

ここによせられたコメントを読んで、また涙が出ました。
どんなに最悪で困難な状況でもポジティブに、そしてそんな時こそ人にやさしくなれる人間に
なりたいと改めて思いました。 

ロシア人の友達や知り合いだけでなく、知らない人まで「君は日本人? 今回の事は本当に残念だ、
でも頑張れ、皆応援してるよ」と声をかけてくれました。

モスクワでも、地震の影響が出てます。 JALは土曜日に日本からの飛行機が到着せず、
飛ぶことができず、出発が日曜日に延期なりました。
その対処に奮闘している友人達がいます。 空港に詰め、頭を下げ、乗れなかった人達のケアをし。
それが彼らの仕事だという人もいるでしょうが、地震は彼らのせいではありません。
でも、彼らは頭を下げるのです。 そんな友人達を身近でみながら、航空会社で働くということは
なんて大変なんだろうと、年末のドモジェドヴォ空港の停電、先日のテロ、今回の地震を通して感じました。

頑張れ、みんな、頑張れ、日本! 
[PR]
by asha_moskva | 2011-03-15 02:04 | その他 | Comments(2)

ボリス・パステルナークの家

まだまだ寒かった2月に、モスクワ郊外のペレジェルキノにある、ソ連時代の代表的作家であり詩人でもあるボリス・パステルナークの家博物館に行きました。 
ペレジェルキノはパステルナーク以外にも著名人の家や別荘があることで有名です。

この日はパステルナークのお誕生日の翌々日でした。
博物館に行く前にお墓によりました。雪に埋もれて寒そう。

f0209878_037473.jpg


家の敷地の入口にこんな風に看板が出ていますよ。

f0209878_0404926.jpg


門を奥に入って行くと建物が見えてきます。

f0209878_0415027.jpg


彼は1939年にペレジェルキノに移り住み、1960年に亡くなるまでこの家で過ごしました。
代表作「ドクトル・ジバゴ」もこの家で書かれました。

内部は意外に質素でした。 一階の窓に囲まれた明るいサンルームが素敵でした。
かれもこのサンルームがお気に入りで、お客さんをここでもてなしたそうです。

こちらボリス・パステルナークの映画。 
あーしゃの好きな俳優オレク・メンシコフが出てる「ドクトル・ジバゴ」です。


開館は木・金・土・日の10時から16時まで。
ウェブサイトはこちらです。↓ (英語ありです)
http://www.pasternakmuseum.ru/index_angl.html
http://www.pasternakmuseum.ru/ 
(ロシア語のみ、英語のページがなくなってしまったようです)
[PR]
by asha_moskva | 2011-03-11 00:50 | 郊外 | Comments(0)

国際婦人デー

f0209878_5344361.jpg


今日は国際婦人デーでした。 写真のお花はお友達がくれました。
どうもありがとう~。 
[PR]
by asha_moskva | 2011-03-08 23:32 | イベント | Comments(0)

ボリショイバレエ 「ドン・キホーテ」 (3月6日)

少しづつ太陽が出る日が増えてきて、寒いけど春が近づいてる感じするモスクワです。

昨日は2日目のドンキを観ました。 ヨーロッパに衛星中継されるせいか、客席は満席、たくさんカメラはいり、大盛況でした。

配役は全く4日と同じです。
ま、2人は相変わらずで、更にパワーアップしてるのが怖かったです。
てか、オッシー、舞台袖で座り込んだり、手をぶらぶらさせて飛び出す準備をするのはやめてほしい。陸上の選手みたいで、美しくないです。 
というより、客席から見える場所でそれはまずいだろう。

他の人達もテンションが高くて演技にも熱がはいってました。 やっぱり中継されるとなると違うのですね。

特に、このベテラン2人。 ホント芸達者です。
f0209878_1684254.jpg


あとは、この人。 今日もかっこよかった。 踊りは、4日より更に切れがあってよかったです。
f0209878_1610192.jpg

[PR]
by asha_moskva | 2011-03-07 16:10 | 劇場 | Comments(0)

ボリショイバレエ 「ドン・キホーテ」 (3月4日)

ボリショイのサーカスドンキです。

f0209878_336297.jpg


この日の主なキャスト

キトリ      オッシー
バジル      ワッシー
ドンキホーテ   アレクセイ・ロパレービッチ
サンチョパンサ  アレクサンドル・ペトホフ
エスパーダ    アンドレイ・メルクリエフ
街の踊り子    アンナ・レオーノワ
ガマーシュ    デニス・サービン
森の女王     エカテリーナ・シュプリナ
アムール     アナスタシア・シュタシケービッチ

ドンキは大好きな演目なんですけど、この2人のドンキは・・・な感じです。
この日と6日のドンキは撮影が入る為、同じキャストで行われます。
6日の方は衛星中継もされるし、DVDも発売されるそうです。
でも、こんなドンキでいいのだろうか? と真面目に思ってしまいました。
ええ、2人とも飛ぶわ回るわ技術的にはすごいのですが、とは言え、3幕はやりすぎちゃったせいか、
オッシーはぐらぐらなのに長くバランスと取ろうとするし、ワッシーは着地でよろけるし、全く
美しさのかけらもありませんでした。
2人が浮いてて、ガマーシュとか他の人とかみ合ってなくお芝居としてはどうなんだろうかと。
あと、個人的な好みなのでしょうが、オッシーの表情が大げさすぎて、私は駄目です。

ドンキホーテもサンチョパンサもエスパーダもガマーシュも芸達者な最高にいい配役で、
ガラのパドゥドゥではなく、さすがボリショイと言える最高の「ドン・キホーテ」という作品を
みせることが出来るはずなのに、なんか勿体ないです。
2人のテンションをもう少し落して、ちゃんと役を演じてくれればいいのに。
それでも、この2人の人気はすごいので、すごい拍手とブラボーでした。
やっぱり観客の好みの変わってきてるのかもしれません。

でも、エスパーダはかっこよかったです。

f0209878_352580.jpg

f0209878_3523971.jpg


写真は、1幕と2幕のカーテンコールからです。
街の踊り子の顔が隠れてるし、2枚ともブレブレなのですが、これが一番まともな写真だったので、ご勘弁下さい。
写真を撮るのは難しいですね。

メルクリエフのエスパーダはホントかっこいいと思います。
舞台に走り出てきた瞬間に、空気を支配するというか、すごいオーラなんですよね。
この日もたくさん「ブラボー」が出てました。
最近はバジルを踊ることが多いので、エスパーダは久しぶり。
このエスパーダが観れたから、今日は満足です。(笑)
[PR]
by asha_moskva | 2011-03-06 03:59 | 劇場 | Comments(4)

ガリーナ・ステパネンコ

昨日、ボリショイで「ドンキホーテ」を観たのですが、その時に劇場でショックなニュースを聞きました。

プリマバレリーナでボリショイの看板のガリーナ・ステパネンコが劇場を辞めたとのこと。
本当に悲しいです。
若手の台頭もあって、最近なかなか踊る機会がなかったステ姉さん、いろいろ思うところもあったのでしょう。

年齢が年齢だけに、昨年のボリショイ・マリンカ合同ガラでのいつも以上に気合いの入った踊りに、ふと「もしかして、日本では最後と思ってるのかな」と感じたのですが、あの来日がまさにボリショイのプリマとしては最後になってしまいました。
華やかなオーラ、ダイナミックでありながら繊細な踊り、彼女のすごさをあのガラで観ることができて本当に幸せでした。

40代半ばでも若々しくまだまだ全然踊れるガリーナなので、客演や他のガラでもっと踊ってくれるといいなと思います。

綺麗で踊りが上手なバレリーナはこれからもたくさん出てくるだろうけど、ガリーナみたいなかっこいいプリマはもう出てこないかも。 
[PR]
by asha_moskva | 2011-03-05 21:13 | 劇場 | Comments(2)

モスクワ音楽劇場 「ナポリ」 (2月28日)

ダンチェンコで「ナポリ」を観てきました。

f0209878_3191850.jpg


手前の2人が主役のクラピービナとハムジンです。

ハッピーエンドだし、軽く・明るい楽しい演目なのですが、主役があまり踊らず(特にハムジン)
演劇性が強いバレエだなと。

実は、この日は去年の11月からダンチェンコで踊っている日本人ダンサー宮川新大君のソロデビューの日でもありました。

f0209878_3315144.jpg
                           (photo by けいちか)

この3月4日でやっと19歳になるまだ少年の面影を残した若いダンサー。
3幕のバリエーションで生きのいい踊りを見せてくれました。
カーテンコールの時も主役のハムジンと並んで挨拶。
写真は、左からハムジン、ドミトリエフ、新大君です。

f0209878_1621318.jpg


ドイツのシュッツガルトのバレエ学校を卒業した新大君は去年の11月にモスクワに来たばかり。
ひょんなことから、彼がモスクワに来る前に知り合い、モスクワ入りした翌日からロシア語も
分からず、新しい環境で悪戦苦闘しながら頑張る彼を近くでみてきました。

自分が留学の為に初めてモスクワに来たのも19歳の時、あの時の何もわからない不安な自分の姿にに重なり、はらはらしながら陰で応援してきました。
到着早々起こり続けるロシアの洗礼やトラブルは、新大君を快く迎えてくれたあーしゃの仲間と一緒に一つ一つ解決してきました。

皆に支えられて、今日の新大君の舞台があります。 皆、本当にありがとう。

******

新大君へ

ここはロシアだし、これからもたくさんトラブルやつらいことがあると思うけど頑張って。
これからもいい舞台を見せて下さい。
あ、早くロシア語も覚えてね。(笑) 
[PR]
by asha_moskva | 2011-03-02 04:00 | 劇場 | Comments(2)