モスクワの街角から

moslife.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

CSKA VS スパルタク (8月28日)

28日(日)は、人気チーム対決、CSKAとスパルタクの試合がスパルタクのホームスタジアムのルジニキで行われました。
この日はお天気がとてもよくて、スタジアムからこんなに綺麗な青空が見えましたよ。

f0209878_441049.jpg


この2チームの試合は、応援対決がすごいです。 
両方ともモスクワのチームですから、ファンもモスクビッチが殆どで、それが集結するのでそれはすごい応援合戦が繰り広げられるのです。

こちらはCSKA側の応援席。 応援のスタイルは、いつも通り、上半身裸で縦揺れがお約束です。(笑)

f0209878_4421037.jpg


スパルタク側応援席も派手です。 
銀でFK SM(フットボールクラブ スパルタクモスクワ)と文字を作ってます。

f0209878_443338.jpg


応援が激しすぎということは、フーリガンも多いということで、スタジアムに向かう地下鉄の中で歌を歌う輩はいるは、興奮しすぎて地下鉄の車両の中の電気を割り、次の駅で御用になるフーリンガングループもいるわ、それはそれは着く前から大騒ぎです。 
応援中は、相手チームの旗を焼いたり、とにかく、フーリガン度150%くらい。 
サッカー観戦は両サイドの応援団席は避ける方いいです。
そこ以外の席なら安全に楽しく観戦出来ますよ。


試合結果は2-2で引き分け。 
ま、どっちかが負けると、また騒ぎが大きくなるので、引き分けでよかったかも。
[PR]
by asha_moskva | 2011-08-30 04:54 | サッカー | Comments(0)

「ダンスの王様達」公演

f0209878_4521357.jpg


10月5・6・7日にダンチェンコにて「ダンスの王様達」公演が行われます。
出演予定のダンサーは下記の通り。

イワン・ワシリエフ (ボリショイ)
デニス・マトヴィエンコ (マリンカ)
レオニード・サラファーノフ (ミハイロフスキー)
デビット・ホールバーク (ABT)
マルセロ・ゴメス (ABT)
ギヨム・コテ (カナダ)

この公演はもう何度も行われているのでご存じの方も多いのでは?
最初の頃は、ツィスカリーゼとかアンヘル・コレーラとかイーサン・スティーフルとか
出てて、超踊れる男たちだけの公演で面白かったんですけど、今回のメンバーをみると
大分質が落ちたなと。
マトヴィくらいかな、あーしゃが観たいと思うのは。
ワッシーは、ああ、またかという感じ。 
この公演のプロデューサーのダニリアンがワッシー・オッシーのマネージメントを
してるから彼が出るのはしょうがないんだろうけど。  

バレリーナは一人も出ない男性ダンサーだけの公演です。
ご興味ある方は是非。 
鍛え抜かれた美しい上半身とかみれると思いますよ。(笑)
(あ、サラファーノフのは貧弱ですが)
[PR]
by asha_moskva | 2011-08-27 05:08 | 劇場 | Comments(0)

ドライブの途中で

週末はモスクワ郊外にドライブに行きました。
あいにくの雨、しかも激しい雨だったので、目的地を変更してオスタフィエフという
広大な敷地の中にある昔の貴族のお屋敷に行きました。

そこで、こんな可愛い子猫達を発見。

f0209878_17103757.jpg

f0209878_17111438.jpg


すぐそばに大人のネコが寄り添って座っていました。 この子たちの親なのかな?
ま、ちょっと目つきが悪いですが・・・(笑)

f0209878_17125981.jpg


もう連れて帰りたくなってしまうくらい、可愛い子猫達でした。
ちょこまか動くその姿があまりに可愛くて目を離せません。
週末の癒しのひと時でした。
[PR]
by asha_moskva | 2011-08-25 17:15 | 街角から | Comments(0)

CSKAとマイヤ・プリセツカヤ

現在、国内リーグ戦のトップをひた走る本田選手の活躍するCSKAですが、
今年チーム結成100年だそうで、CSKAが毎月出してる雑誌RED-BLUE TRIBUNEでも
大々的に特集が組まれております。

これがそのRED-BLUE TRIBUNE。 
(チームカラーが赤と青なので、RED-BLUE TRIBUNEらしい)
f0209878_2133222.jpg


100年記念でCSKAファンのいろんな有名人がコメントを寄せているのですが、
その中に、ぬあんと、マイヤ・ミハイロブナがいるじゃないですか。
彼女のコメントを読んでみると、学生時代に試合を見て以来、滅茶CSKAファンだそうで。
あのプリセツカヤがスタンドではじけて応援してたのか・・・。 ちょっとびっくり。

f0209878_21415467.jpg


ま、そんなこんなで、今日のブログのタイトルがこうなったわけです。
もっとびっくりしたのが、コメントの最後に、彼女が今のメンバーで注目している
選手(正確には才能と書いてありましたが)の名前を4人挙げているのですが、
その中に本田選手の名前があること。
(他の3人はワグナー、アキンフィーエフ(超優秀なキーパー)とザゴエフ)

そんなマイヤ・プリセツカヤも注目する本田選手ですが、
本雑誌の中でこんな写真を発見。

f0209878_21473677.jpg


スルツキー監督だけ普段着で、あとは全員軍服なコスプレ写真です。
こんな本田選手は滅多にみれないので、これは結構貴重かも。
しかし、ロシアのチームに入るといろいろやらなきゃいけないのね。(笑)
[PR]
by asha_moskva | 2011-08-23 21:52 | サッカー | Comments(0)

ダンチェンコの今シーズン最後の白鳥

あちこち巡業に出てたので、遅くなってしまいましたが、
7月末のダンチェンコの今シーズン最後の「白鳥の湖」です。
観に行けなかったあーしゃの為にお友達のフィリップさんが写真を送ってくれました。

ソーモワの黒鳥とスミレフスキーの王子。

f0209878_143391.jpg


今シーズン、ソーモワの活躍が目覚ましく、シーズン最後に白鳥の主役を踊るなんて、
チェルノブロフキナが引退した今、ダンチェンコをしょって立つバレリーナになったんだなぁ
と改めて思いました。
金髪でクールビューティな彼女ですが、実生活では、もとペアのフィギュアスケート選手で
金メダリストでもあるマキシム・マリーニンの奥様であり、一児のお母さんでもあります。
フィリップさんの話では、彼女の黒鳥がすごくよかったそう。 
来シーズンに是非見てみたいです。

f0209878_1534533.jpg


ボリショイもダンチェンコも今は夏休み中。
バレエが観れなくてかなり退屈しています。(笑)
[PR]
by asha_moskva | 2011-08-17 01:57 | 劇場 | Comments(0)

国立オペラバレエ劇場

ノボシビルスクっ子のもう一つの自慢は、こちら、1945年に創立された国立オペラバレエ劇場です。
写真では見えないのですが、銀色のドームになっている屋根が特徴です。
中にはいくつかホールがあり、大きさとしてはロシア最大の劇場です。

f0209878_14485134.jpg


2005年に改修され、最新鋭の劇場に生まれ変わりました。
マリンカのプリンシパルであるイーゴリ・ゼレンスキーが芸術監督を
務めることでも有名です。
彼が芸監になってから、レベルを上げ、精力的に新作を発表し、
今ではゴールデンマスクにノミネートされる常連になりました。
ゼレンスキーは来シーズンから、モスクワのダンチェンコの芸術監督になるのがほぼ決まりとの話も
あり、ノボシビルスクバレエが今後どうなるか、だけでなく、まだ現役のダンサーでもある
彼が現役を退くのかどうか非常に気になるところでもあります。
ダンチェンコのウーリン総裁は、芸監が現役ダンサーであることを許さないことで有名ですので。

来シーズンのオープニングは「スパルタク」です。

f0209878_14591253.jpg


新作と書いてあります。 
ゼレンスキーは昨シーズンのマリンカのヤコブソン版「スパルタク」に主演しており、
ノボシでどんな「スパルタク」をみせてくれるのか興味あるなあ。
[PR]
by asha_moskva | 2011-08-13 15:03 | 他の街の街角から | Comments(0)

ロシアのへそ

ノボシビルスクは実は人口でいうとロシア第3の都市です。 
ノボシビルスクのノボはロシア語で「新しい」という意味で、つまり新しいシベリアという意味なのです。
まさにシベリア地方の首都の役割をしています。
建設されてからまだ130年とロシアの中では新しい街の一つです。
動物園以外にも、ロシアのど真ん中に位置することでも有名です。
まさにロシアのへそですね。

これがそこです。
街のど真ん中に、ぽつんとあまり大きくない教会が立っています。

f0209878_0144183.jpg


昔は同じ教会が建っていましたが、スターリン時代に取り壊され、
その場所にスターリンの銅像が建てられました。
時代が変わり、スターリンの銅像も取り壊され、しばらく何もないまま放置されていましたが、
昔と同じ教会を再建したとのことです。

入口の上には、街の守り神「聖人ゲルギー」の絵が飾られています。

f0209878_021397.jpg

[PR]
by asha_moskva | 2011-08-11 00:22 | 他の街の街角から | Comments(0)

おねむな動物達

ノボシビルスクの自慢の一つが動物園です。
2004年に生まれたリーグルというベンガル虎とアフリカライオンのハーフがいるのですよ。
ロシア語でトラはチーグル、ライオンはレフということで、ハーフはリーグルだそうです。

動物園に着いたのは16時過ぎてたのですが、どいつもこいつもお客様へのサービスを
忘れ午後の日を浴びて寝てるばかり。 
でも、その無防備な寝姿がなんとも癒されるなぁと。
あ、そうか、もしかして、癒しが最高のサービスなのかも。(笑)

まずはこの方。 白くま君達です。 どうですか、このだらしがない寝姿。(笑)
実はこれは着ぐるみで中に人間が入ってるんじゃ?と思えるような寝姿ですよね。

f0209878_2329491.jpg


リーグルちゃんも、気持ち良さそう。 猛獣なのになんとも愛らしい寝姿です。
やっぱりネコですね。

f0209878_2330623.jpg


ライオンさんもこの通り。 百獣の王ライオンがこんな無防備な寝顔をさらしていいのだろうか?(笑)

f0209878_23313192.jpg


夕方なのに滅茶元気だったのはこの子達。 今年生まれた小熊3兄弟。
この子達はギャラリーに愛想を振り舞いていましたよ。

f0209878_23332160.jpg


最後にもう一枚、白くま君の癒される可愛い寝姿を。

f0209878_23355591.jpg

[PR]
by asha_moskva | 2011-08-10 23:37 | 他の街の街角から | Comments(4)

ノボシビルスクのななかまど

f0209878_21215271.jpg


ペテルブルグの後、所用でノボシビルスクに行ってきました。
ノボシはもう完全に秋でした。
「ななかもど」がこんなに赤くなっています。 
街中にいたるところでみかけました。
見てる分には可愛いんですけどね。(笑) 
実は冬が近いことを告げる、あまりうれしくない赤い実なのです。

11月の頭には街はすっかり雪に包まれ、真冬はマイナス40度になることもあるそう。
厳しいシベリアの冬の足跡が聞こえてきそうな、ノボシビルスクの8月です。
[PR]
by asha_moskva | 2011-08-08 21:29 | 他の街の街角から | Comments(5)

スモーリヌイ女子修道院ベルタワー

夕方になってお天気が回復してきたので、スモーリヌイ女子修道院のベルタワーに上りました。

スモーリヌイ女子修道院はもともと女帝として有名なエカテリーナ2世が貴族の子女の為に
作った学校です。 それ以前は、たとえ貴族の子供でも女の子は学校に行けなかったそうです。

上にあがると、風が吹き抜けて気持ちいい~。 
下に広がるパステルブルーの建物は修道院の一部です。

f0209878_22125041.jpg


反対側もパチリ。 ネヴァ川が綺麗です。

f0209878_22142264.jpg

[PR]
by asha_moskva | 2011-08-05 22:16 | 他の街の街角から | Comments(2)
line

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31