モスクワの街角から

moslife.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

面白い物みっけ

週末は所要でペテルブルグに行ってきました。
お天気もよく、夏のペテルブルグはそれはそれはよかったです。

ぺテルに行くと必ず寄る場所のひとつに「ロシア美術館」があります。
モスクワのトレチャコフ美術館と同じように、ロシアの画家の絵ばかりの美術館ですが、
サイズ的にも大きすぎず狭すぎずお手ごろで、結構お気に入りです。

f0209878_19575436.jpg


すごいコレクションがあるのですが、その中からあーしゃお勧めの2点をご紹介します。

じゃーん、まずはこれ。

f0209878_19485982.jpg


単なるお尻じゃないよ。かわいい尻尾がついているお尻。
牧神ファウヌスのお尻です。 あまりにかわいくて思わず写真にとってしまいました。

お次はこれ

f0209878_1958312.jpg


ロシアの民芸品・伝統工芸品コーナーに展示してあった、ねずみに捕獲され運ばれる
猫の木彫りの置物。 
ロシア人的ブラックユーモア。 運ばれてる猫が間抜けで面白いんだけど、
ねずみが大量でしかも、洗脳されたみたいにみな真剣な感じでちょっとゾクッとする怖さが
あるなと。 

ここ2-3日モスクワが暑いです。
真夏です。
[PR]
by asha_moskva | 2012-07-30 20:06 | 美術館・博物館 | Comments(0)

21世紀のバレエのスター達公演

f0209878_6221797.jpg


毎年恒例のクレムリン大会宮殿で行われる「21世紀のバレエのスター達 ‐ クレムリンガラ」です。
今年は10月7日。 
チケットはもう売り出されているようですが、出演メンバーも演目もまだ分からないので
怖くて買えないよなぁ。

ま、この公演のプロデューサーがルンキナの旦那さんなので、彼女は出るのは確実ですが。
ポスターもルンキナですし。 

9月に入れば公演の詳細がわかると思うので、またお知らせしますね。
[PR]
by asha_moskva | 2012-07-30 06:28 | イベント | Comments(0)

こんなとこまで滅茶ロシア

f0209878_46843.jpg


これ、某ショッピングセンターにある子供の乗り物。
日本にも観光地やデパートによくありますよね、お金を入れて動く遊戯。
車や飛行機にまじって、堂々とド真ん中に置いてあったのが、このトナカイのソリ。
トナカイだけでなく、白くまもいるよ、しかもアザラシを抱っこしてるし。
すごいね、ロシア。 こんな子供の遊戯まで、滅茶ロシア。 
[PR]
by asha_moskva | 2012-07-23 04:22 | こんなロシア | Comments(0)

ただ今成田空港

短い一時帰国を終え、これからモスクワに戻ります。
ipadからの初更新なのですよ。るんるん、嬉しくて浮かれております。(笑)
滞在中に父が買ってくれました。父さん、ありがと~

いやいや便利ですねipad。
人生初りんごアイテムですが、簡単だし軽いし、もう手放せそうにありません。
[PR]
by asha_moskva | 2012-07-13 10:40 | 他の街の街角から | Comments(2)

更新情報

こちらにあーしゃの新しい記事がアップされました。
今回は最近モスクワでも話題のボリショイ劇場バックステージツアーの記事を書きました。

ロシアの顔でもあり、世界でトップレベルのオペラとバレエが上演される
ロシア国立ボリショイ劇場。
その歴史と伝統をモスクワに住んでいる方や観光でモスクワに来られた方にも
感じて頂けてたらなと思います。

7月末でシーズンは終わってしまいますが、来シーズンはオペラの「イーゴリ公」、
バレエは「イワン雷帝」見応えある作品の上演が目白押しですよ。

ロシアって、遠い国に感じますが、実は隣国。 
懐が深くて実は面白い国ロシアをこれからも皆さんに知ってもらえて、一人でも
多くの方がロシアに来て楽しんでもらえたら嬉しいな。
[PR]
by asha_moskva | 2012-07-10 17:00 | その他 | Comments(0)

日本のさくらんぼ

f0209878_0234320.jpg


山形のさくらんぼをお土産に頂きました。
ここじゃ滅多に食べられない日本のさくらんぼ。
食べるのがもったいないくらい綺麗で可愛い~と思ったけど、
一気に食べちゃいました。(笑)
ああ、美味しかった。 
[PR]
by asha_moskva | 2012-07-05 00:26 | 美味しいもの | Comments(0)

ボリショイ本館 「ジゼル」 (5月19日 昼公演)

5月19日の昼公演の「ジゼル」です。
こちらも写真提供はK姉。 2公演続けてカメラを忘れ、ブロガー失格です。(汗)

f0209878_18442383.jpg


写真は、左から森番@バラーノフ、ジゼル@クレトワ、アルブレヒト@メルクリエフ、ミルタ@ステパネンコ。

いやいや、すんごい舞台をみせて貰いました。 泣けた。
ジゼルもアルブレヒトもミルタも全てがよかったです。
バレエは踊りだけでなく、芝居でもあり、皆がそれぞれを役をきっちりを演じ、
本当に素晴らしい舞台でした。
他の演目でクレトワがそんなにいいと思ったことはなかったのですが、
ジゼルは良かったです。 1幕も初々しく可愛かったし。
2幕の死んでるのに暖かく優しさがあるジゼル、毅然としたアルブレヒト、凛として怖いミルタ。
メルクリエフとステパネンコの好演が、クレトワの良さを引き出したのかもしれません。

f0209878_1859576.jpg


特にステパネンコ姉さんのミルタはあっぱれ。 すごいです。
あの流れるような、ファイ‐アッサンブレの連続。 出てきた瞬間のオーラ。
氷のような冷たさ。 17日のシュプリナには、踊りに力みが見えたのですが、ガーリャは
まったく力んでなく流れるような動きで、全てが最高でした。 
全盛期と比べ、年齢を感じさせないと言えばうそになりますが、
あれだけ踊れる46歳がいるだろうか?
彼女のミルタをみることが出来て、本当に幸せでした。

メルクリエフは踊りも演技も最高の物を見せてくれました。

森番役のバラーノフもねちっこいガンスを好演。

観客の受けも非常によく、終わった瞬間からすごい拍手が鳴りやまず、
カーテンコールでも何度も呼び出されていました。
[PR]
by asha_moskva | 2012-07-03 19:15 | 劇場 | Comments(3)

ボリショイ本館 「ジゼル」 (5月17日)

アメリカ公演中に留守番部隊によって行われたジゼルです。
アメリカ公演のメンバーより、モスクワ居残り組の方が豪華でかなり楽しめました。

まずは5月17日の夜公演。
カメラを忘れてしまったので、写真はK姉提供です。 どうもありがとう~。

f0209878_1811143.jpg


写真は主役のザハロワとヴォロチコフです。
二人の間にうっすら見えるのが、ミルタ役のシュプリナ。
彼女は2幕の最初の方でピケで立ち損ね、顔面から落ち激しく転ぶアクシデントがありました。
何事もなかったように立ちあがって踊ってましたが、あれは痛かったろうな~。

ザハロワのジゼルはやっぱり1幕が痛い・・・。
村娘の可愛さが全くないジゼルってどうよ?
2幕はいつも通り、ラインが綺麗で体温を感じさせないジゼルでよかったです。
ヴォロチーもノーブルなアルブレヒトでした。

1幕のカーテンコールの写真。
幕が一度閉まった後、悲しみのポーズのままもう一度幕が開きます。
f0209878_18161464.jpg


この日の森番はメルクリエフ。
19日の昼公演ではアルブレヒト、5月23日のブノア賞のガラコンサートでは
ザハロワとコンテの新作、6月3日のアニュータでは学生役をデビューし、大活躍でした。

f0209878_1825629.jpg

[PR]
by asha_moskva | 2012-07-03 18:25 | 劇場 | Comments(0)
line

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30