モスクワの街角から moslife.exblog.jp

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今年のゴールデンマスク賞にノミネートされているエイフマンバレエの「ロダン」を観て来ました。
ゴールデンマスクは前年に発表された新作(バレエ・オペラのみならず、演劇等すべての
劇場作品が対象)が対象のフェスティバルで、
すべてのノミネート作品は2-4月にモスクワで上演され審査委員が評価し受賞作品や
最優秀男女ダンサー等を決めます。
詳しくはこちらをご覧ください。

あーしゃの今年の注目は、ダンサーではBALLET/CONTEMPORARY DANCE/BEST ACTOR
部門でヴィシニョーワとの「Subject to change」でノミネートされている
メルクリエフと作品ではヴィシニョーワの「ダイアローク」とマリンカの
バレエ「真夏の夜の夢」かな。

とはいえ、いろいろ観ようと思ってます。 今のところ4-5本は観る予定
オープニング作品のエカテリンブルグミのバレエ「アムール・ブッフォ」
なかなか洒落てて面白い作品でした。 

さてさて、前置きが長くなりましたが、エイフマンバレエの「ロダン」です。

f0209878_21595739.jpg


ロダンとその弟子愛人カミーユ・クローデルと奥さんのドロドロとした三角関係のお話です。
カミーユ・クローデルというと、昔、イザベル・アジャーニが主演した映画を
思い出します。
ロダンは奥さんと愛人のどちらも選べず15年間も三角関係は続いたそうです。
すごい才能ある人だったらしいですが、2人の関係が破綻しロダンが奥さんのもとに
戻ったあと、40代後半に発狂してしまい、残りの人生を精神病院で過ごした
可哀相な女性です。

写真は左からロダンの奥さん、ロダン、カミーユです。
赤い服を着た奥さん役のダンサーがすごく迫力ありました。

最初、あまりに前衛的でちょっと山海塾ちっく?なんて思ったのですが、
実はそうでもなく、ちゃんと物語になっていて、なかなか良く出来た作品だなと。
群舞の踊りはスピード・テンポ・技術どれをとってもすばらしく圧巻でした。

最後にはエイフマンが挨拶に出てきました。

f0209878_2210491.jpg


すごい拍手でした。 
このおっさんモスクワでも人気なんですね。びっくり。
[PR]
by asha_moskva | 2013-02-26 22:12 | 劇場 | Comments(0)
もうじき2月が終わりますが、今更、去年の12月9日に行われた
ボリショイの「明るい小川」です。
(写真はK姉提供です)

f0209878_22524477.jpg


キャストは
ロブーヒン@垢抜けないピョートル
ガリャーチェワ@ジーナ
メルクリエフ@クラシックダンサー男
クリサーノワ@クラシックダンサー女(どの写真を見てもぶっちょ面)

メルクリエフがピョートルを踊るとここまでダサくはないのですが、
ロブーヒンのはとにかく垢抜けない間抜けなピョートルでした。
ま、ピョートルなんてそんな役だからいいんですけど。

ガリャーチェワはなんか老けてたなぁ。
クリサーノワはテンションが高いだけだし、この日は女子が
あまり良くなかったです。

メルクリエフは、8月の世界バレエフェスのファニーガラで魅せた
ポアントワークを今回も披露。 滅茶マッチョな笑える女装と
ロパレーヴィッチ@別荘の親父との絶妙な掛け合いで会場を笑いの渦に
巻き込んでました。
この2人は本当に役者ですわ。

f0209878_2321324.jpg

[PR]
by asha_moskva | 2013-02-25 23:03 | 劇場 | Comments(0)

更新情報

こちらにあーしゃの新しい記事が載りました。

今回は、トルストイの家博物館とフレンチビストロ「ジャンジャック」です。

ジャンジャックはモスクワ市内に何店舗かあるのですが、今回ご紹介したのは
トルストイの家博物館の斜め前にあるジャンジャックです。

美味しくてリーズナブルなのであーしゃの一押しフレンチビストロなのですが、
ジャンジャックのメニューの中で、大好物なのはこれ「タルトタタン」。

f0209878_1930919.jpg


温かいアップルタルトに冷たいバニラアイスクリームがのっていて、
滅茶美味しいのですよ。
ジャンジャックに行ったらぜひお試しくださいね。
[PR]
by asha_moskva | 2013-02-22 19:29 | 美味しいもの | Comments(0)

るるぶロシア改訂版発売



るるぶロシア・モスクワ・サンクトペテルブルク (るるぶ情報版海外)

るるぶロシアの改訂版が2月18日に発売になりました!
改訂版を作るにあたり、
あーしゃも少し取材のお手伝いさせて頂きました。
関係者の皆様本当にお疲れ様でした!
ロシアに来るなら必須の一冊です。みんな、買ってね。

どんどん進化する「るるぶロシア」。 
面白くて便利な情報満載ですよん。

[PR]
by asha_moskva | 2013-02-21 20:06 | お役立ち情報! | Comments(0)

空港ご飯

f0209878_18263593.jpg


実は所用で先週一時帰国してました。
これは、モスクワに戻る日に空港で食べた滞在最後の食事。
成田空港第2ターミナルの「空海」っていうラーメン屋。
味付け卵が美味しかったな。

しかし、日本は寒かった!
気温はあきらかにモスクワより高いのに、体感温度はモスクワより
低いってどうよ? 特に家の中が寒い。
モスクワに帰ってきて、家の中を半そででふらふら出来る幸せ。
集中暖房ブラボー!(笑)
[PR]
by asha_moskva | 2013-02-19 18:34 | 美味しいもの | Comments(0)

こんなことあり?続き

昨日のガラにもルジは出てこなかったそうです。 ちゃんちゃん。

インフルエンザで高熱だったそうで。 そりゃ踊れないわな。
お大事に。

ごめんなさい公演やるかな?
[PR]
by asha_moskva | 2013-02-06 17:14 | こんなロシア | Comments(0)

こんなことあり?

今日、ルジマートフのガラに行ったのですが、ファルフ出て来ませんでした。
ガラの主役が出ないってどうよ?
しかも、「ルジマートフとロシアバレエのスター達」って公演のわりには
大したスターが出なかったし。

ちなみに街中にはこんな宣伝が出てました。(photo by K姉)

f0209878_19374194.jpg


1幕の最後にファルフのボレロがある筈が、何の説明もなく無いまま幕が閉まり休憩。
2幕の最初に、「ファルフは病気の為、救急車で病院に行きました。 
2幕は出れるといいのですが」とのとのアナウンスあり。

私の隣のおばちゃんは「はあ?救急車とか言ってるのに、2幕に出てくるわけないじゃない」と
笑ってましたが。

結局、2幕もファルフ不在のままフィナーレ。
隣のおばちゃんは「ほら出てこなかったでしょ。」と。

公演の最後におっさんがマイクを持って舞台に出てきて
「ファルフはまだ劇場にいますが、救急車で病院に行きます。
この状況をご理解頂き感謝します」とのコメント。

しかし、どうしちゃったんでしょうね、ルジ。
舞台に挨拶にも出てこれないくらい具合悪いって相当だよね。
明日の公演はどうなるんだろ。
皆ルジ観に来たんだろうに。 普通、チケット払い戻しだよね。
勿論、払い戻しの話もなく、皆淡々と帰って行きましたとさ。
[PR]
by asha_moskva | 2013-02-04 23:33 | こんなロシア | Comments(0)
大好きなバヤデルカを観てきました。
たとえザハロワでも相手がラントラートフじゃみたくないしなぁ、
とはいえ、ろくなキャストがないので、それでも、一番まともっぽい29日を選びました。

ザハロワの日は公演後にロシアの文化チャンネルで放映があったので
それでみたけど、足みじけぇよ、ラントラートフ。(怒)
ソロルの衣装が似合わなすぎる・・・。 
しかもサポートも下手糞だし、これを初日に踊らせるってどうなのよ?

29日のキャストは、
ヴォロチ@ソロル
ニクリナ@ニキヤ
アラシ@ガムザッティ

まずはガムとソロルの写真とアンヘルさんの感想から。(photo by アンヘル)

f0209878_537373.jpg


『前回ザハロワを見たせいか、ニクリナは登場時からどこか小さく、子供っぽく見え、
演技にもいまひとつ迫力が足りません。
逆にアラシは黒鳥の演技でもわかるように、悪女をやらせたら天下一品。
そんなアラシが昨日は絶好調で、1幕でキャリアの違いを見せつけるかのように
演技を完璧に決め、ニクリナ ニキヤを嘲り笑い、最後はものすごい形相で
睨みつける様は、見ているほうも身震いするほど恐ろしかったです。
正にヘビに睨まれた蛙のニクリナは2幕でも調子が出ず、
常に音楽に遅れている為、腕や足が伸びきりません。
怒り悲しみの表現も弱く、ただ驚いて困ったちゃんのいつもの表情が出るだけで、
中途半端な踊りのままヘビに噛まれて死んでしまいました。
(特に表情・動作が何時も同じになってしまっていますね。
何を踊っても同じと言われない様に多様な表現力を磨いてほしいです)

3幕でも何かぎこちなく、今度は一つひとつミス無く踊ろうとしているのか、
連動性が無く、何かバレエ学校の発表会でも見ている感じで、カクカクした
踊りになってしまいましたし、 最後のピルエットもきちんと回れませんでした。

体も太ってはおらず、お腹も確かにへこんでいますが、どうみても
トレーニングしたというよりは、ダイエットでへこましたという感じ。
アラシよりも腹が割れてないってどうよ、っていう感じです。 』


いやぁ、ズバッとした感想ありがとうございます。(笑)
まさに、アンヘルさんと同感でございます。
他にも駄目駄目満載な公演でした。
ヴォロチだけはまともでしたが。 そのヴォロチも2幕はちょっと踊りが
重くてどこかを痛めたのでは?と心配しましたが、
3幕は持ち直してたのでよかった。
最初の登場のシーンではラントラートフと比べ物にならないくらい
存在感がありました。 やっぱり主役はそうじゃないとね。


こちらはカーテンコールのヴォロチとニクーリナ。(photo by K姉)

f0209878_5445112.jpg


この日はたいこでサーヴィンがデビューでした。(photo by K姉)

f0209878_546572.jpg


サーヴィンのパッションが足りないのかはじけ方が足りないのかインパクトが足りないのか、
あーしゃ的はちょっと欲求不満なたいこでした。

あと、「ちょっと勘弁」と思ったのは、2幕で男の子2人がガムを下から持ち上げる
場面があるのですが、そこでロチキンとエフレーモフが2人そろってしゃがむときに思い切り
うんこ座りしてたこと。 ダンサーは所作が美しくないといけないのに
汚すぎるよ。 片ひざつくとかして欲しいよ。

この日も師と一緒に観たのですが、
師の妻曰く(妻も元ボリショイのバレリーナで今は先生)
「なんか、皆、振りを何とか覚えたって感じね。 特にニクーリナ」 
おお、おーりゃ先生きびしーっすね。

師は「ニクーリナのニキヤには心がない」と。
あとはジャンぺについて「あいつらは兵士か?」 と。
(流れるような動きじゃないと言いたい)
ガムとニキヤの対決の場面の演技に至っては、アラシもニクリーナも
駄目駄目だそうで、先生、相変わらず厳しいです。
[PR]
by asha_moskva | 2013-02-04 05:59 | 劇場 | Comments(0)

更新情報

こちらにあーしゃの新しい記事がアップされてます。

今回はトランジットに便利なドモジェドヴォ空港近くの「エアホテル」です。
アットホームでフレンドリーな雰囲気のホテルでした。

2月に入ってモスクワもだんだん日がのびて、
青空が出る日も結構あります。
このまま春になればいいのにな。 ありえないけど。
ぶ厚いコートにもあきちゃった。
[PR]
by asha_moskva | 2013-02-03 05:57 | その他 | Comments(0)