モスクワの街角から

moslife.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

バスタブが欲しい〜

今泊まっているペテルのホテルのお部屋にはバスタブがありません。
五つ星ホテルなのにありえない〜。
一日中立ちっぱなしで疲れた足を癒すにはお風呂が一番。
せっかくバブを持ってきたのにな・・・。
[PR]
by asha_moskva | 2013-03-30 04:39 | 他の街の街角から | Comments(0)

ペテルブルグより

今、ペテルブルグにいます。
夜は8時過ぎまで明るいのに、ネヴァ川も運河も
まだ凍ってて変な感じ。
日本人の私には、「明るい=暖かい」なのです。

そういえば、ちょっと不可解なことが・・・。
日本人6人で中華料理屋に行ったのですが、あーしゃにだけ
「フォーク必要ですか?」と聞いてきました。
ホワイ? 唯一のロシア語使いだったから?
「箸使えますから結構です」と断りましたが。
今時、ロシア人だって上手に箸使えるだろうよ。(怒)
[PR]
by asha_moskva | 2013-03-29 04:25 | 他の街の街角から | Comments(0)

ボリショイ「ジュエルズ」(3月8日)

はあ、やっと3月まできた。
まだまだ書きたいことが追いついてません。

この日の目玉はザハロワのダイアモンド。 デビューだったのです。
(all photo by K姉)

まずはエメラルドから

f0209878_21515695.jpg


チュー
ルイシキナ
アブドゥーリン
スミルノワ

パリエンコ
トゥラザシヴィリ
ツィヴィルコ

ま、可もなく不可もないエメラルドでした。
ツィヴィルコは上手だったです。

でも、休憩時間に師と話をしていたらツィヴィルコはそもそも
髪型が駄目だったと。(笑)
「頭が大きいんだから、髪型を考えろ。自分が一番よく見えるように
頭を使わないと駄目だ」との厳しいお言葉でした。 
先生的には技術以前の問題らしいです。 はは。

次にルビー

f0209878_21583181.jpg


シタシケーヴィッチ
ボローチン
オークネワ

ソリストもコールドも最低なルビー。
ボローチン、いい加減にしてくれ。
彼と踊る女の子は皆死んじゃうのですよ。
あ、ソロもボロボロでしたが。
シタシケーヴィッチはメルクリエフとルビーを何回か踊ってますが
その時はもっと良かったのになぁ。勿体無いです。

休憩時間の師の一言は
「なんだあれは?」でした。(笑)

最後はダイアモンド

f0209878_22212538.jpg


ザハロワ
ヴォロチコフ

最高のダイアモンドでした。
これが観たいが為にこの日は劇場に来たのです。

先生も「ザハロワは指の先までダイアモンドだった。真のヴォロチコフを
はじめてみた」と大絶賛でした。

いつも思うのですが、ザハロワは幕物の演技力が必要な役より、彼女のスタイルと踊りの美しさを
見せつける演目の方が絶対向いてるなと。 
彼女のダイアモンド、本当に美しかったです。

2幕が酷すぎたけど、3幕がよかったので、いい気分で帰れました。
[PR]
by asha_moskva | 2013-03-27 12:47 | 劇場 | Comments(0)

ボリショイ「海賊」(2月28日)

主なキャスト
コンラッド@ヴォロチ
メドゥーラ@クリサーノワ
ビルバント@メルクリエフ
ギュリナーラ@シタシケービッチ(デビュー)

すべてがよかったです。
前日の公演は、サビチェフのづらが取れたり、やたら物が落ちたり
落ち着きがなかったのですが、この日は何の問題もなく。

あ、面白かったのは、前日にコンラッドを踊ったロブーヒンとこの日のヴォロチでは
役作りが結構違ってたこと。
特に、洞窟の寝室のシーンで、一緒に寝ることをじらすメドゥーラに対し、
ロブ・コンラッドは、じりじりと握りこぶしを作り、いやらしさ全開、
それに対しヴォロチ・コンラッドはイライラを隠し背を向けて酒を飲む。
あーしゃ的にはヴォロチの方が男らしくていいかなと。

f0209878_21315818.jpg


ビルバント@メルクリエフはこの日もずるくて超悪い男全開でした。
しかし、彼の海賊ダンスは本当にすごい。
あんなにリズミカルに力強く踊れる人はそうそういないと思います。

f0209878_2133438.jpg


2月と3月頭に撮った写真を間違って消去しちゃったので、写真はK姉提供です。
K姉、ありがとう!

さて、この日は師と一緒に観たのですが、めずらしく
「今日のソリストは皆良かったぞ」と機嫌よく帰っていきました。
先生は現役時代、メルクリエフと同じ役を踊ってたと。
すごい切れのあるビルバントだったんだろうな。こわ。
[PR]
by asha_moskva | 2013-03-26 21:37 | 劇場 | Comments(2)

雪に煙るボリショイ劇場

f0209878_3255374.jpg


モスクワ、3日間ずっと雪が降ってます。
しかも、マイナス10度。
もういい加減にして欲しい。

でも踏むときゅっきゅっと音がする片栗粉みたいな雪。
スキー向きな上質な雪みたいです。
[PR]
by asha_moskva | 2013-03-26 03:29 | こんなロシア | Comments(0)

踊る芸監

ダンチェンコネタが続いてますが、もう一つ。

23日から24日まで新作「マイヤーリング」が上演されましたが、
なんと3日目の24日は主役のルドルフ王子を芸監督のゼレ自ら踊ったそう。
ここにポルとスミと並んでちゃんと名前と写真が・・・。
てか、写真若すぎじゃね?(笑)

しかし、まだ踊るのかゼレ。
昨年夏の世界バレエフェスが見納めだと思ってたのに・・・。

5月4日の「マイヤーリング」のチケットを持ってるのですが、
密にゼレが踊ってくれないかなと。
だって、ポルで観るより面白い出し物になること間違いないですもん。
[PR]
by asha_moskva | 2013-03-25 22:39 | 劇場 | Comments(0)

こんなガラコンサート

今日用事があってダンチェンコのチケット売り場に寄ったらこんなポスター見つけちゃいました。

f0209878_19461756.jpg


ダンチェンコ若手バレエダンサー達のガラコンサート。
5月24・25日です。

てか、ダンチェンコの根強いファンがいるとはいえ、集客能力があるのは
ポルーニンとボリショイバレエに出て知名度の上がったシャプランくらい。
あとは・・・。 最近主役をよく踊ってるエリカやハムジンにしても、今一
何かが欠けるというか・・・。
ま、ダンチェンコでやるガラだし、ロシアバレエのスター達と書いて
あるわけでもなので、いいのですが。

私は、ポルーニンにもシャプランにも興味はないのですが、メンバーの中に
もとボリショイのザグレービンがいるので、それがちょっと気になるかな。

f0209878_1959288.jpg


人に聞いた話ですが、白鳥でザグレービンの道化に王子のポルーニンは完全に
食われてたそうで。(笑) 
(ロイヤルの元スターもボリショイ出身の実力派にはタジタジってのが笑える)
こんなガラのメンバーにも入っているし、ダンチェンコでは活躍できそうで
よかったなと思います。

チケットは600-3000ルーブル。
まだ結構残ってるみたいです。
[PR]
by asha_moskva | 2013-03-24 20:11 | 劇場 | Comments(0)

更新情報

こちらにあーしゃの新しい記事が掲載されました!

今回はダンチェンコ(音楽劇場)。
ブルーが基調になったとても素敵な劇場です。

f0209878_18441742.jpg


ホワイエには博物館のようにたくさん展示物があるんですよ。
昔の写真や衣装とか、みてて楽しいです。。

f0209878_18453446.jpg

f0209878_18454674.jpg

[PR]
by asha_moskva | 2013-03-22 18:48 | 劇場 | Comments(2)

ボリショイ本館ベートーベンホールでのコンサート

f0209878_3431923.jpg


ボリショイ本館の地下にあるベートーベンホールでのコンサートが始まりました。
本館がオープンした時にコンサートやイベントに使えると紹介され、
いつコンサートがあるのかしらと待っていたのですが、ついに始まりました。
ボリショイのオケのソリスト達のコンサートや、オケのソリスト達と若手オペラ歌手の
ジョイントのコンサートもあり、面白そうなイベントが目白押しですよ。

4月・5月のコンサートの予定
4月7日
4月13日
4月20日
4月23日
4月25日
5月3日
5月15日
5月28日

あーしゃのお勧めは4月13・20・25日と5月3日。
4月13日はピアノがメイン。 モーツアルト、リスト、グリンカとラベルのオペラの音楽。
4月20・25日と5月3日は、ラフマニノフ生誕140年の記念オペラコンサートです。

チケットはどの席も500ルーブルとお得価格。
こじんまりとしたホールなのでどこの席からもよく見えます。

ボリショイのサイト・窓口でもチケット買えますが、
Mavitaさんからも購入可能とのことです。
btmavita12@yahoo.co.jp

興味ある方は問い合わせしてみて下さいね。
バレエもいいけど、コンサートもお勧めですよん。
[PR]
by asha_moskva | 2013-03-22 04:05 | 劇場 | Comments(0)

ありえねぇ2

今日もモスクワは雪です。 
そろそろ3月末なのにありえねぇと思ってたら昼ごろから晴れてきた。
太陽が出ると途端に気分が明るくなるなぁ。

昨日、記事にあげた配役の件ですが、誤解がないように追記します。

ガーリャが芸術監督代行になりましたが、彼女に配役を決める権限なく、
フィーが決めてます。 
ドイツから毎日のように電話をしてきて、こまごまとしたことまで指示を出していると。
なので、こんな配役になっているのは、ガーリャ・ステパネンコのせいではないのです。

配役が妥当かどうかをチェックする委員会が出来たそうですが、
そのメンバーはフィーの子飼ばかり。
インタビューでは常に、フィーをかばい・よいしょしまくるアキモーフ先生とか
いますし。(笑) ガーリャは所詮代行でフィーに現状フィーに逆らえないし。
チェック機能は全くなしです。

ダンサー達が踊っている姿をみれないのに、配役決めてるってどうよ?
自分の影響力を誇示したいだけ?

芸術監督や振り付け家が自分のお気に入りのダンサーを配役するのは
昔からあることですが。
例えば、グリゴロがムハメドフやベスメルトノワを気に入って自分の作品の主役に
使ったり。 
でも、彼らは本当に実力あったからね

今のフィーの配役とは違うわけです。 やっぱお金? 
[PR]
by asha_moskva | 2013-03-21 15:57 | 劇場 | Comments(1)
line

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30