モスクワの街角から

moslife.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ボリショイ「ライモンダ」(2月13日)

上手なライモンダ姫が見たかったので、13日の昼公演を選びました。


f0209878_06364178.jpg


主役は共にプリンシパルのアラシとスクワルツォフ。
昼公演のキャストにしては豪華。
チケット代は安いしお得感たっぷり。
てか、昼公演にベテランプリンシパルを配役するって
どうなのよボリショイ?

アラシは安定した上品なライモンダ姫。
スクワルツォフは、全くやる気のみえないジャン。
リハーサルかよ?な踊りでした。
アブデラーマンにさらわれそうになったライモンダを助けに来た時、
もっと慌てろよ、みたいな。

でも、スクワルツォフの一番気に入らないところは、
踊じゃなく胸毛がボーボーなところ。
処理をしてほしいです。 
白い衣装に胸毛ってないわ。 

そして、胸毛騎士の宿敵アブデラーマンは、全く迫力のないバラーノフ。
なんか小さいし、ジャンプ低いし。 
やっぱDVDでみた昔のライモンダのタランダがいいよなぁ。

トンちゃんはハンガリーのデビューでした。
ハンガリーは音楽を聞いただけで先生を思い出し毎回悲しくなります。

f0209878_06361104.jpg
ライモンダは東欧のお話なので、それっぽい振りがたくさん入っていて
音楽もいいし、ストーリーはドラマチックだし、大好きな作品の一つ。
でも残念なことに一年に一度しか上演されないのです。
来年も観に行けるといいな。



[PR]
by asha_moskva | 2016-02-29 23:39 | 劇場 | Comments(0)

プーシキンスカヤまで・・・

今日、プーシキンスカヤに行ったら、メトロの駅前が空き地になってた。(驚)

f0209878_19303174.jpg

f0209878_19252773.jpg

ちゃんとした建物に見えたあれも全部違法だったか・・・。
化粧品屋とかが入っているちょっとしたショッピングセンターが
あったのだけど。

半年前くらいから市内美化の為と違法商売撤去の為、街中に沢山あった
掘っ立て小屋のキオスクがどんどん撤去されている。
地下通路の小さなお店たちも、エスカレーターの宣伝も撤去。
撤去しただけじゃなく、新しくお店を作り替えたりしてるので、
恐らく新たに作り直して、モスクワ市がテナントを管理して税金をしっかり
とるのでしょう。

しかし、その波がプーシキンスカヤの駅前まで来たのびっくり。
妙に見晴らしがよくて不思議な感じ。

しかし、今自分が撮った写真みて思ったけど、今日はお天気がよくて
空がきれい~。 
2月末になると、太陽と青空が出る日が徐々に増えてくる。
朝も8時には明るくなるし。

明後日から3月だし、春までもう少しの辛抱だ。









[PR]
by asha_moskva | 2016-02-28 19:42 | こんなロシア | Comments(0)

安全な水

最近、ロスコントロールがミネラルウォーターが安全かを調べはじめました。
ロスコントロールとは、消費者の安全為に調査を行う会社。
ロシアで初めて民間のプロジェクトだそう。

評価は下記4点
安全性
ナチュラルさ
体いい成分が多いか(多分ミネラルとか?)

市場に出ている全てのブランドの水の調査が終わったわけじゃないけど、
途中までのランキングがこのウェブサイトに出ています。
飲んではいけないブランドの水はブラックリストということで
黒い買物かごにバッテンがついてます。

コカ・コーラがやってるボナクアがなんとブラックリスト入り。
ブラックリストにはクリックするとそれぞれ理由が書いてあって、
ボナクアの場合は安全基準に違反、細菌が多いと書いてある水も
あります。

ペプシのやっているアクアミネラーレはベストの結果じゃないけど
無事パス。
この辺、コカ・コーラとペプシの闘いが見えなくもないし、
本当に公正な調査なのか、ちと疑問になったりもしますが、
ボナクアが異論を申し立ててないところをみるとあながち
間違いじゃないかも。

もともとボナクアよりアクアミネラーレの味が好きなので
この結果をみた水好きあーしゃの感想は
「あ~、よかった、アクアミネラーレが大丈夫で」でしたが。(笑)

しかし、現状最も安全な水のトップを走るブランドはネスレですわ。
安全性100%でした。

100%信じる必要はないと思いますが、面白いのでサイトを
覗いてみて下さいな。

あーしゃの愛飲水「アクアミネラーレ」


f0209878_03222426.jpg






[PR]
by asha_moskva | 2016-02-27 03:45 | その他 | Comments(2)

こんなところに

今夜はニーナ・アナニアシビリのボリショイ時代の先生だった
ライサ・ストルチコーワの記念のコンサートを観に行ったのですが、
ストルチコーワの展示物の中に、こんな写真をみつけました。

f0209878_04060937.jpg


なんと、ストルチコーワと写ってるのは、なんと大屋政子・・・。

私の記憶にある彼女は、もうかなりのおばあちゃんなのに
テレビで白タイツに派手なピンクのミニワンピースをきた変な人。

でも、バレエ好きでバレエスクールも経営してたと、あとで
ウィキで知りましたが。

しかし、こんなところで彼女をみちゃうとは。
奇遇ですな。

コンサート自体はとても面白かったです。
この記念コンサートの芸術監督は教え子のニーナ・アナニアシビリ。
彼女の人柄がそのまま出てるような、とても素敵なコンサートでした。
ちょっとグルジア色が強かったですが。(笑)
詳しくは他の日に書きますね。





[PR]
by asha_moskva | 2016-02-26 23:40 | 劇場 | Comments(0)

モイセーエフ (2月11日)

最高にノリノリで楽しい気分になれるモイセーエフ民族舞踊団を観にいきました。
もう数え切れないくらい観てるなぁ。

f0209878_19334567.jpg

ロシアで一番有名で人気な民族舞踊団。
もとボリショイ劇場のダンサーだった創立者の
モイセーエフさんの名前がついた舞踊団です。
このモイセーエフさんは、ロシアの有名な作曲家ショスタコービッチと
同い年、2007年まで生きて102歳で亡くなりました。
(ちなみにショスタコは1975年に68歳で没)
ロシア人の男性にしては驚異的に長生きですわ。
ロシア革命も戦争もスターリンの粛清も生き延びたすごく運が
強い人でもあります。

日本ではあまり知られてませんが、第二次世界大戦の戦死者の数は
ロシアが一番多いのです。 そして、スターリンの粛清ですごい数の
男性が犠牲になり、その影響でロシアはいまでも男性の数が少ないです。
また、ロシア男性の平均寿命が短いのは、それがまだカウントされている
せいでもあります。
革命、戦争、粛清、生きていることが奇跡な大変な時代を生き延びて
こんなすごい舞踊団を創設したモイセーエフ、すごいおっさんだなぁと
コンサートを観るたびに思います。

モスクワでの公演は夏を除いて毎月2日間行なわれています。
演目は毎回違うので何度観てもあきることがありません。
ロシアの民族舞踊から、旧ソ連諸国だけでなく、東欧を含む
世界中の民族舞踊まで踊りこなすモイセーエフのダンサー達に
ロシア人観客は踊りに合わせて手を叩いたりノリノリ。
その興奮を感じるのも楽しいです。

公演スケジュールは下記サイトをご覧下さい。
3月のボリショイ新館で行なわれるコンサートのチケットは
既に売り切れです。 
行きたかったのに残念

http://www.moiseyev.ru/afisha/






にほんブログ村


[PR]
by asha_moskva | 2016-02-25 21:00 | 劇場 | Comments(0)

パスハ(イースター)音楽祭

f0209878_15462742.jpg

ゲルギエフ巨匠が毎年仕切っているパスハ音楽祭のポスターが
もう街中に貼られています。
今年も5月1-17日に開催されます。 

プロコフィエフ生誕125年とポスターに記載あるので
今年はプロコフィエフの曲をたくさんやりそうですね~。

巨匠が振るコンサートがいくつかあって(オープニングは必ず巨匠)
それはとても人気が高くチケット入手困難ですので、巨匠を聴きたい人は
お早目にチケットお求めください。
チケットは、音楽院やチャイコフスキーコンサートホールの
チケット売場で買えます。

音楽祭の詳細はこちらのサイトをご覧ください。 http://en.easterfestival.ru/
英語ありです。音楽祭のプログラムはまだ発表されてません。





[PR]
by asha_moskva | 2016-02-23 15:58 | イベント | Comments(0)

ボリショイ新作ドンキ(2月5日&7日)

今まで新館で行われていたドンキが本館で上演されることになりました。
それに伴い、内容も少し変わり(特に3幕が)、衣装も舞台装置も
新しくなりました。

新しい衣装と舞台装置は賛否両論ありで、あーしゃ的には前の方が
よかったなと思う点が多いです。
まあ、それはあとで書くとして、まずは2月5日のDQ。

f0209878_04421322.jpg

アレクサンドロワとラントラートフ。
歌舞伎コンビですわ。 
マーシャがハッスル(死語?)しすぎて、袖に入る時にいつも飛び跳ねて
入るのが目障り。
キトリは彼女のはまり役なので、普通でいいのに・・・。
3幕のフェッテが全部一回転だったのが意外でした。 
安定した綺麗なフェッテではありましたが。

7日はカプツォーワとチュージン。 
後ろに、ロパレービッチさんが立ってた(笑)
彼のドン・キホーテは本当にうまいし最高です。


f0209878_04424268.jpg
カプツォーワのキトリをやっと見ることが出来ました。
滅茶可愛くておきゃんでよかったです。
しかも踊りは完璧。 フェッテはダブルが入ってました。
しかし、チューのバジルはどうもいかん。 
まず外見がバジルじゃない。 バジルにしては演技も踊りもおとなしすぎる。
踊りきれいですけどね。

エスパーダは両日ともメルクリエフ。 
いつも通り決め決めで良かった~。マントさばきは彼に
かなう人はいません。
が、新しい衣装がいかん。
登場のシーンで変な花柄(?)の入った短いマントをつけて
颯爽と出てくるのですが、正直「ぷっ」と笑ってしまいました。
今回エスパーダを配役されている中でメルクリエフは断トツにかっこいい
のですが、あの、マントは誰がつけてもダメだわ。
そして、2幕の衣装も白でちょっとだぶついた感じで
がたいがよく見えすぎちゃってこれまたいかん。
前のライラック色の衣装の方が体の線が綺麗に見えるのに。

衣装に関していえば、キトリの1幕の衣装も変。


f0209878_04422918.jpg
村娘かよ? ジゼルちゃんの色違いみたいな衣装。
これをアレクサンドロワが着たところを想像してみて下さい。
可愛くないでしょう? カプツォーワでも如何なものかと。
だって、キトリだから頭にはバラ、化粧は濃いめだし。

3幕のファンタンゴなんて、前はかっこいい衣装だったのに、
今は全員かぼちゃパンツ。 なぜにかぼちゃパンツ?

ドンキは好きなので、また観に行こうと思いますが、
前のドンキの方がよかったなぁ。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by asha_moskva | 2016-02-21 20:37 | 劇場 | Comments(0)

念願の

f0209878_03224059.jpg


ずっと欲しかったヨガマット、ついに買ちゃった!
スポーツ用品店で1900ルーブルくらい。
がんがんストレッチしよ。

バランスボールも欲しい~。
日本で友達の家で座ったたら気持ちよかった~。
でも、昨日は荷物が多かったので断念。



[PR]
by asha_moskva | 2016-02-15 03:39 | その他 | Comments(0)

蜂蜜市

2月末までカローメンスカヤで開催中の蜂蜜市に行ってきました。
日本に一時帰国する前に行ったときはお土産用だけで
自分の分は買えなかったのです。

おっちゃんもおばちゃんも元気でよかった。
おっちゃんは、あーしゃが日本にいる間に孫がもう一人生まれたと
うれしそうでした。



f0209878_21202671.jpg

職人芸も健在。

f0209878_21204927.jpg
今回自分用に買った蜂蜜たち。


f0209878_21210582.jpg

黒メープルアカシアと蕎麦の花の蜂蜜がげき旨。
勿論、キプレイはかかせません。(笑)
あと、おっちゃんのお薦めの新しい(名前忘れた)のを買ってみた。

これだけあれば、次の8月末の蜂蜜市までなんとか大丈夫かな。

おっちゃんのお店はA59です。

そうそう、蜂蜜市に行くと、乾燥ポルチーニも買えます。
100グラム200-300ルーブルとお安いです。
スープ、パスタ、リゾットは定番ですが、実は炊き込みご飯にすると
すごく美味しいのです。
是非お試し下さい。
入り口付近で売ってます。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by asha_moskva | 2016-02-13 21:19 | イベント | Comments(0)

プロコフィエフ展@ボリショイ本館

f0209878_03221021.jpg


今年はプロコフィエフ生誕125年ということで、ボリショイ劇場本館で
プロコフィエフ展が行われています。
プロコフィエフの曲はバレエやオペラでよく使われてますよね。
シンデレラやロミジュリ、3つのオレンジの恋とか。
音楽だけ聞くと不協和音が多くてあまり好きじゃないのですが
バレエやオペラの作品と融合するとすごく素敵だなと思えるから
不思議。

ボリショイ本館のホワイエの左奥の展示室で開催中です。
本館にお越しの際は、是非お立ち寄りください。

[PR]
by asha_moskva | 2016-02-09 23:21 | イベント | Comments(0)
line

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー