国際婦人デー

3月8日は国際婦人デーでした。
日本ではあまりなじみのないこの祝日、調べてみると、「婦人解放をめざす国際的連帯行動の日。3月8日。1910年にコペンハーゲンの国際社会主義婦人会議で、ドイツのクララ=ツェトキンが提唱。 日本では1923年(大正12年)から行われている。」とあります。
昔は婦人解放運動の日だったのでしょうが、今のロシアでは女性に対する感謝をする日で、女性はこの日に男性からプレゼントやお花が貰えます。
イタリアでは男性が女性にミモザを贈ることが多いみたいですが、ロシアではミモザも売ってますが、バラやチューリップが一般的かも。

そんなこんなでモスクワは花屋が稼ぎ時。
臨時の露天の花屋も街のあちこちにたくさんできてました。
f0209878_18254468.jpg
f0209878_18263183.jpg
                                                        前日の花屋 うわ、男だらけ(笑)

お店の前には真剣にお花を選ぶ男性が達が群がってます。
お花を贈るのは奥さんやガールフレンドだけとは限りません。
同僚やお友達にも必要なので、一人でいくつもの花束を買っていきます。
プレゼント買うだけではありません、当日はプレゼントやお花を贈れない友達や知り合いの為に電話をしたり、携帯でメッセージを送ったりロシア男子は大忙しなのです。
あーしゃもお祝いの電話を2件と携帯メッセージを2つ貰いましたよ。

ロシアではバレンタインデーよりメジャーなこの祝日。
一年に一回女の子が年齢にかかわらずお姫様扱いをしてもらえる日。
街を行く多くの女性がこの日はお花を持ってました。

プレゼントを買いに奔走したり、お花やの前で真剣に悩む男性陣の姿を見てたらなんか可愛いなと。ほんわり気持ちが暖かくなりました。
男性陣にとってはこの祝日は頭痛の種かもしれないですけどね。(笑)
とにかく、男性の皆さまお疲れ様でした。

[PR]
by asha_moskva | 2010-03-09 18:41 | 街角から | Comments(0)

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
プロフィールを見る