人気ブログランキング |

ボリショイバレエ「椿姫」(11月19日)

ボリショイの「椿姫」です。

マルグリット: ニーナ・カプツォーワ
アルマン: ウラジスラフ・ラントラートフ


f0209878_17511220.jpg
さすが女優ニーナ。 素晴らしいマルグリットでした。
前に彼女と話をした時に、「自分は役に入り込んでしまう方で
終わったあともなかなか自分に戻れないの。同僚からは、
そんなに自分を疲弊しない方がいいと言われるけど、私には
それしか出来ない」と言ってましたが、
まさにカーテンコールもそんな感じでした。
死んでしまう役ですから笑顔があるわけもなく、
まさにマルグリットそのもの。

ラントラートフはロチキンよりは踊りがバタバタとうるさくなく
よかったです。

お父さんの役はメルクエリエフが好演。
お父さんとマルグリットのシーンは、二人の感情が
ぶつかりあって引き込まれました。


f0209878_17512842.jpg
この日は見ごたえある舞台でした。



12月はくるみですね~

にほんブログ村
by asha_moskva | 2016-11-30 22:50 | 劇場