モスクワの街角から moslife.exblog.jp

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2011年 08月 13日 ( 1 )

国立オペラバレエ劇場

ノボシビルスクっ子のもう一つの自慢は、こちら、1945年に創立された国立オペラバレエ劇場です。
写真では見えないのですが、銀色のドームになっている屋根が特徴です。
中にはいくつかホールがあり、大きさとしてはロシア最大の劇場です。

f0209878_14485134.jpg


2005年に改修され、最新鋭の劇場に生まれ変わりました。
マリンカのプリンシパルであるイーゴリ・ゼレンスキーが芸術監督を
務めることでも有名です。
彼が芸監になってから、レベルを上げ、精力的に新作を発表し、
今ではゴールデンマスクにノミネートされる常連になりました。
ゼレンスキーは来シーズンから、モスクワのダンチェンコの芸術監督になるのがほぼ決まりとの話も
あり、ノボシビルスクバレエが今後どうなるか、だけでなく、まだ現役のダンサーでもある
彼が現役を退くのかどうか非常に気になるところでもあります。
ダンチェンコのウーリン総裁は、芸監が現役ダンサーであることを許さないことで有名ですので。

来シーズンのオープニングは「スパルタク」です。

f0209878_14591253.jpg


新作と書いてあります。 
ゼレンスキーは昨シーズンのマリンカのヤコブソン版「スパルタク」に主演しており、
ノボシでどんな「スパルタク」をみせてくれるのか興味あるなあ。
[PR]
by asha_moskva | 2011-08-13 15:03 | 他の街の街角から | Comments(0)