<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

バレエの時

f0209878_512785.jpg


ペテルブルグの街角で見つけたミハイロフスキー劇場(旧レニ国)の宣伝。
今年から同劇場の芸術監督を務めるナッチョ・ドゥアトの顔のアップの写真と
Время балета(バレエの時)という言葉が印象的です。
踊ってる男女の写真。 遠目でわかりませんでしたが、
女性の方は看板ダンサーのペレンかな、多分。

こんなに大きな宣伝をうつなんて力入ってるなぁと思ったら、
ロスネフチェの名前を発見。 
こんな大企業がスポンサーについているなら、納得です。
by asha_moskva | 2011-07-30 05:09 | 他の街の街角から | Comments(0)

お気に入りの場所

f0209878_4483265.jpg


今ペテルブルグにいます。
ペテルブルグであーしゃの一番お気に入りの場所、
エルミタージュの中の「ラファエロの回廊」。
エカテリーナ2世のお気に入りで、公務で疲れた時に、一人で
時間を過ごした場所だそうです。
あーしゃにとっても、不思議と心がすーっと落ち着く場所です。

天井もこんなにきれいです。

f0209878_4521577.jpg


ボリショイ劇場のシーズンが終わってしまいました。
新作が今シーズン最後の演目でした。
22日と24日にも観たので、その感想とか、他にも書きたいことが
たくさんあるのですが・・・。 
モスクワに戻ったらアップしますので気長にお待ちくださいませ。
by asha_moskva | 2011-07-30 04:56 | 他の街の街角から | Comments(0)

夏の風景

モスクワは夏真っ盛りです。
暑いけど、夜は20度以下になるので、熱帯夜もなくとても過ごしやすいです。
今年は、去年の悪夢の様な夏じゃなくてよかった。

アレクサンドロフスキー公園は今お花盛りできれい~。

f0209878_15141815.jpg


噴水の周りには、涼を求めて人々が集まっています。 水しぶきを浴びようとわざと
水のトンネルをくぐる人もいます。

f0209878_1515543.jpg


あれれ、こんな所に座ってる女の子が・・・。(笑)

f0209878_15194143.jpg


アンデルセンの「醜いあひるの子」のお母さんの背中にまたがってますねぇ。
この前、ここを通った時は、男の人がお母さんの背中に立ってポーズをとって写真を
撮ってましたし、お母さんの背中はロシア人に人気な撮影場所なのかも(笑)
by asha_moskva | 2011-07-24 15:22 | こんなロシア | Comments(0)

ボリショイバレエ新作・初日

今日は新作「Chroma」と「Symphony of psalms」の初日でした。
この新作2本に「ルビー」を加えてのトリプルビルです。

1.Chroma

f0209878_552520.jpg


う~ん、これは好き嫌いが分かれるんだろうな。
衣装が微妙。 私としてはあまり好きな方の作品ではありませんが、ダンサーの体の美しさや、
身体能力のすごさとかに見入ってしまいました。 
特に、シュプリナとラントラートフのデュエットでは、5番、5番の振り付けがすごい。 
ダンサーだから当たり前なのかもしれないけど、あんなに5番に入ったままキープできるのかと・・・。
あと、シュプリナとクリサーノワの鍛え抜かれた足とか。 足の裏の筋肉とか。 
ルンキナが出てたのですが、彼女のぐにゃぐにゃとした体の動きはあまり好きではなかったです。
振り付けがそういう感じなんだろうけど、他の人でみたら違うかもなと。

本日の配役はこちらをご覧ください。

ゴドフスキーとルンキナ以外は若手の起用が目立ちます。 

2.ルビー

こちらは12月に発表された新作。 バランシンの「ジュエルズ」の一部の「ルビー」です。
これが2幕目にあって本当によかった。 衣装も綺麗だし、ちょっとした息抜きになりました。
シュプリナの女王蜂度150%みたいな。(笑)
主役の2人、メルクリエフとクリサーノワが楽しそうに踊っていて、見てる方も楽しいです。

f0209878_5153115.jpg


しかし、シュプリナもクリサーノワも一幕・二幕ぶっ続けで疲れただろうなぁ。

3.Symphony of psalms

期待度No.1だったキリアンの新作です。
Symphony of psalmsとは1930年にストラビンスキーが作曲した合唱付き詩編交響曲の事です。
ボリショイ劇場の合唱隊の合唱付きでした。

f0209878_5201571.jpg


全体的に暗いイメージの作品です。
この作品にも若手が多く起用されています。 配役はこちら
その若手の中でも、今日すごく良かったのは、この人。

f0209878_5222516.jpg


アントン・サビチェフです。 気迫を感じさせる踊りで、目立っていました。
by asha_moskva | 2011-07-21 23:00 | 劇場 | Comments(0)

マトリョーシカ・タンブラー復活!

f0209878_252194.jpg


昨年9月からずっと売り切れだったスタバのマトリョーシカ・タンブラーが復活!
一か月前くらいから、また店頭に並び始めましたよ。

お店の人に聞いたら「もう作らない」とか言われ、心配してた所に、違うデザインの
マトタンブラーが発売されたり、それがまた売り切れで、お店から消えたり、
本当にこのまま無くなるのかなと思ってましたが、今はどこのスタバでも元のデザインの
タンブラーが店頭に並んでいます。

でも、ここはロシア。 売り切れたらまたしばらく入荷しない可能性大。
欲しい方は今のうちに買うことをお勧めします。 
だって、ここはロシアだもん。← しつこい(笑) 
by asha_moskva | 2011-07-19 02:12 | その他 | Comments(2)

またまた初物

f0209878_420438.jpg


平たい桃です。
つぶれてるみたいなので、勝手に「つぶれ桃」と呼んでます。(笑)
このつぶれ桃が、柔らかくて、ジューシーで甘くて美味しいのです。
出始めはお値段が少し高めなので、安くなるまで首をなが~くして待ってました。
今日のは1キロ170ルーブル(約510円)でした。 
by asha_moskva | 2011-07-17 04:25 | 美味しいもの | Comments(2)

ボリショイ日本公演 (来年1月)

来年1月の日本公演ですが、キャストがジャパンアーツのサイトでキャストが発表になりました。

http://ja-ballet.seesaa.net/article/214600934.html

地震や津波があり、そして放射能の問題あり、今回の日本公演は東京と東京から西のみと
決めたらしいですが、それでも劇場内部でいろいろあったらしいです。
フィーリン芸術監督が皆を招集して「日本公演あるけどどうよ?」と聞いたとか。
そしたら、「家族と相談しなきゃ決められん」との意見があり、じゃあ、時間をあげるから
ゆっくり考えて、行きたくない人はこの紙に書いてと言ったら、30人以上いたとか
いないとか。

そんな感じで危ぶまれてた日本公演ですが、キャストが発表になったということはやるみたいですね。
しかし、やる気の全く見えないキャストだなと。
しかも、最近j殆どモスクワで踊っていないシュプリナが大活躍ってどうよ?
でもまあ、日本公演でどさくさにまぎれ、まさかのオシポワ@白鳥デビューなんて
恐ろしい事件が起こったらどうしようと思ったけど、それはさすがのフィーリン先生も
思いつかなかったらしく、ほっと一安心。(笑)
by asha_moskva | 2011-07-15 20:30 | イベント | Comments(2)

初物

f0209878_2182269.jpg


今年初メロンです。 甘さはそれほど強くありませんが、ジューシーでとてもおいしい~。
去年は暑くてご飯の代わりにメロン食べてましたが、今年もメロン三昧かも。(笑)

ロシアはスイカもメロンもこれからがシーズンです。
甘くて美味しいのです。
桃もたくさん出てきたし、ロシアの夏は果物が本当に豊富。
寒く厳しい冬を乗り切る為には夏にたくさんビタミンを摂取しておかなきゃ。
by asha_moskva | 2011-07-13 02:22 | 美味しいもの | Comments(0)

痛ましい事故

タタールスタンのヴォルガ川で観光川船「ブルガリア号」の沈没事故がありました。
日本でも報道されたようですが、事故の詳細と今までの救助状況はこちらです。
http://matome.naver.jp/odai/2131037318804579901

夏休みゆえ、多くの子供が犠牲になり、見つかってない遺体がたくさんあるそうです。
原因は定員オーバーや船の老朽化、更には複数の違法行為によると既に明らかにされており、
運営会社の不注意さや問題点を見て見ぬふりをしてたずるさが招いた人災に、怒りを覚えます。
メドベージェフ大統領は、今日12日を「服喪の日」にすると発表しました。

天災は、人の力の及ばないものですが、人災は防ぐことが出来るはずなのに・・・。
しかも、犠牲になるのはいつも罪のない人達です。
なんだか今日はやるせいない気分で一杯です。
by asha_moskva | 2011-07-12 14:05 | その他 | Comments(0)

クレムリンガラ 「21世紀のバレエのスター達」公演

f0209878_1956946.jpg


9月17日と18日にクレムリンガラ 「21世紀のバレエのスター達」という公演が行われます。
昨年も同じ公演が一日だけクレムリンの大会宮殿で行われましたが、今年は2日間、
しかも2日間とも違うプログラムで行われるとのこと。 
ゲストも豪華ですし、バレエファンの皆様、見逃せないガラ公演ですよ。

出演予定者

スベトラーナ・ルンキナ (ご主人がこのガラの主催者です)
ウラジーミル・マラーホフ (またパンツ一丁かしら・・・)
ルシア・ラッカラ (動きがしなやで上品で大好きです)
ナタリア・オシポワ 
イワン・ワシリエフ (ま、この2人は一緒に踊るのでしょうね)
アリシア・アマトリエン 
レオニード・サラファーノフ (踊れるけど、上半身が貧弱なのが今一・・・)
マルローク・ディコ 
ジェイソン・ライリー

アナスタシア・ビノクール
ダニエル・シムキン (この2人でプレリジョカージョの何かを踊るらしい)

この公演で、ビシニョーワが出る作品がワールドプレミアと書いてあります。
昨年は、ルンキナとメルクリエフの新作でエカテリーナ・マクシーモワに捧げる「黄昏のベニス」
がワールド・プレミアでした。 
今年はビシがどんな作品を見せてくれるのでしょう、楽しみです。

チケットはクレムリン大会宮殿の劇場チケット窓口で発売中です!
by asha_moskva | 2011-07-11 20:24 | イベント | Comments(6)

パリほどお洒落じゃなく、NYほどエネルギーに満ちてないけど、なんか味がある街モスクワをご紹介します。


by asha_moskva
プロフィールを見る
更新通知を受け取る